FC2ブログ
飯綱遣いの部屋
飯綱遣い(いづなつかい)の部屋へようこそ!:ここはドラマ中心に気になったものを書き記す私の資料置き場のブログです。ドラマデータは、コネタ、俳優の役名・役柄・プロフィール・所属事務所等です。あなたのお役に立ちますように。視聴率は気にしないつもり。

家族みんなで楽しめるゲームが60種類!
「フジテレビ★プラネッツ」に無料で会員登録できます。



NHK連続テレビ小説(朝ドラ)
ゲゲゲの女房 第6週
「アシスタント一年生」 (2010年4月26日~5月1日))

ゲゲゲの女房・閲覧者カウンター


↓↓「ゲゲゲの女房」キャラクターグッズはこちらから


「ゲゲゲの女房」の出演者の所属事務所へのリンクや、役柄、番組スタッフなど
できるだけ毎日更新していきたいと思います。


←公式サイト

→「ゲゲゲの女房」の情報はランキングよりどうぞ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連商品

「ゲゲゲの女房」の主題歌は、いきものがかり「ありがとう」です!
ありがとう
ありがとう
いきものがかり


【ドラマ・ガイド】
ゲゲゲの女房―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
ゲゲゲの女房
ドラマ・ガイド
【小説本/上】
NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房〈上〉
ゲゲゲの女房〈上〉
【小説本/下】
・・・
【主題歌】
ありがとう
ありがとう
いきものがかり
【サウンドトラック】
・・・
【原作】
ゲゲゲの女房
ゲゲゲの女房
武良布枝


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ちょこっと感想

戌井がやってきて、茂の作品を絶賛するが、打ち切りと聞いて
富田が商売だけに偏ってると憤慨する。質より量で原稿料の安い貸本漫画は
もうダメだという戌井の言葉と打ち切りと聞いて不安になる布美枝だが、
茂は「漫画家は黙って描き続けていればいい」という。
戌井は「鬼太郎」の続編を願いつつ帰ってゆくのでした。
布美枝はこの日、貸本漫画家のつらい現実を知った。
1ヵ月後、茂は戦記物のマンガを描いていた。布美枝も生活に慣れてきていたが、
境港の茂るの母・絹代から頻繁にくる手紙が悩みだった。
そんななか足をくじいた茂の代わりに、布美枝が原稿を届けることに。
でも初めて訪れた貸本漫画の出版社は想像以上にオンボロで、
漂う貧乏の気配と怪しい雰囲気に思わずたじろいでしまう布美枝。

だが茂に言われたとおり、原稿料を値切る富田に屈せず、満額受け取った。
ほっとしたのもつかの間、富田から茂の作品売上げ倍増作戦があると
紹介されたのが浦木だった。漫画出版プロデューサーとして明日家まで来るという。
茂が疫病神と呼ぶ浦木がからむことに悪い予感がしていた。
帰り道、すずらん商店街に来ると、乾物屋の和枝から、
キヨのリューマチがひどくなったと聞き、さっそくお灸をしに伺う布美枝。
布美枝はもうすっかり商店街の人たちと仲良くなってましたね~。
「こみち書房」は夕方から仕事帰りや銭湯帰りの客が多く、その中に
売り上げ下降線と富田に言われていた茂の本を借りる青年・小林太一がいた。
彼は何べん呼んでも面白いという。彼は布美枝が知るはじめての茂の読者だった。
布美枝はとても嬉しい気持ちになる。が、まだ茂の妻とは美智子にも
誰にも明かしてはいなかった。そこに来店したのが女工3人組。
小林太一は彼女たちと同じ「里山製菓」の工員で、そのなかの土井真弓が好きだった。
彼女たちは近くの寮住まい。早くから親元を離れて働きに来ているので、
だから親に聞くようなことを美智子に相談しに来るのだとキヨが布美枝に教えた。

翌日、何をたくらんでるか分からない浦木を警戒していた布美枝たちだが…。
浦木がやってきて、水木しげるの戦記物はそこそこ売れているので、
ファン倶楽部「少年戦記の会」を作って一儲けしようという話をする。
読者会員には新刊案内などのダイレクトメール。
さらに会員名簿を使って、戦艦や戦闘機に興味を持っている会員向けに、
戦艦や戦闘機の模型を売りつけようとしていた。
模型も格安で手に入る手はずは整っているという。
が、この美味い話に懐疑的なのが茂。中森の住処をここに紹介したのも
善意ではなく、しっかり紹介料を取っていたこともバレていた。
さらに会報費も茂が出すような話…。それはできないと文句を言うと、
しっかりガリ版(謄写版)を持ってきていて、これで会報を刷れば安上がりだという。
切手代も押し付けられそうだったが、布美枝が気づいて難を逃れた。
浦木は茂に戦艦長門、伊勢、巡洋艦金剛の設計図を頼むと、
茂の作品が不人気な根本原因をつく。「おまえ、もっと勇ましく描け」と。
話が暗くて惨めで、読者はついてこないというのだ。
売れている少年漫画のようにスリルや涙アリのスペクタクルを求める浦木。
しかし茂は、それは冒険活劇だと反発する。
都合よく弾が飛んできて派手な空中戦をやって食い物に困ることもないと!
「あげな都合のいい戦争があるか!」
が、売れるのは冒険活劇のような戦記物で茂の作品の人気はさっぱりという現実。
「もっと勇ましいものを描け。そうでなきゃどん詰まりだぞ」
茂の描くマンガはリアルな絵、険しい顔の登場人物たち、悲惨な結末…。
惨めな戦争漫画は売れない…。
しばし考えた茂は布美枝から財布を預かると、戦争関連の資料本を買いあさった。
そして布美枝は茂から初めて戦争中に腕をなくしたときの話を聞いた。
マラリアにかかり、爆撃され、被弾した腕を麻酔ナシで切り落としたこと・・。
買ってきた本は迫力のある絵を描くための先行投資だという。
茂の戦争に対する思いが伝わり布美枝も資料代に納得したが、
預けた財布の中身はからっぽだった。
一方、「こみち」のご主人・政志は、茂の漫画を読んで、
作者が戦地で悲惨な目に遭っていると感じ取っていた。
彼も復員後13年たった今でも、まだ戦中のショックから抜け出せていないようです。

「少年戦記の会」会報を作り始めた布美枝たち。茂は布美枝の器用さをほめる。
茂はまだ布美枝の手をつかむことに恥じらいでいた。
そんななか、「誰か おる…?」 (なつかしい台詞ですね!)
布美枝と茂は、身辺にあやしい視線と気配を感じるようになる。
読者からの手紙も多く届くようになり、機関紙「桜と錨」は第2号発行を準備。
そんななか手紙をとりに出た布美枝は郵便受けをのぞいている男を見つける。
刑事だった。「少年戦記の会」という看板が、近所から怪しい政治結社ではとの通報で
布美枝たちをずっと張っていたのだった。読者ファン倶楽部だと説明しても
なかなか信じてもらえなかった。一人の刑事・内山は戦争ではサイパンに行っていた。
彼は見せられた「少年戦記」を読むと、「サイパンの陸軍部隊にいましてね
まったくこの通りでしたよ」と茂たちマジメさを確信して疑いを解き、
ただ人騒がせな看板だけはいただけないと笑って立ち去るのでした。
茂は浦木に言われてつけた看板をはずした。(浦木はろくなことを勧めませんね~)
その後しばらく漫画も会報も順調にすすんでいた。
ところが、富田書房では模型は貧弱で苦情の電話殺到、
さらに模型の大量発注の請求書、本と模型は返品の山、このままでは大損害。
富田は激怒し、音信不通の浦木を探せと鈴木に命じる。
茂は時間があれば墓場鬼太郎の構想を練っていた。
そんな村井家に鈴木がやってきた。順調に行っていると思っていた茂たちは
会員にウケてもちっとも売れ行きが伸びない「ナニア受け」の現状を知らされ驚く。
「水木さんの知り合いだから信用したのに…。社長はもうかんかんなんです」
少年戦記の会が大赤字とは思わぬ成り行きに言葉もない茂と布美枝…。

こんな状態になっても、茂は読者のために「少年戦記の会」は自費で続けた。
順調に行っていたと思っていた茂は心機一転、ゲーテの言葉を部屋に貼り、
前向きに考えるのだった。翌日の土曜日、布美枝が「こみち書房」にくると、
半ドンで工場をあがった小林が店に来ていた。彼は岩手の三男で、
親元を離れて実家に仕送りをしている東京で、美智子を母親のように慕っていた。
彼女は町のお母さん。小林は土曜になると美智子の手料理を頂くのが常だった。
食卓では鬼太郎の話に。小林は続編を望んでいたが美智子はまだ出てないという。
小林は鬼太郎の話は昔話のようで懐かしいという。美智子も夫が水木しげるの話を
評価していて、店の目立つところに置いたがそれほど回転しないと…。
そんななか富田書房では鬼太郎の続編を望む投書や取次ぎ先からの
問い合わせが多数届いていた。しばらくして夏を迎えると、茂は富田から
鬼太郎の続編を依頼される。ただこの続編が失敗したら本当に打ち切り。
分厚い読者投書と、このラストチャンスに茂は張り切るのだった。

夏の猛暑のなか茂は、怪奇物の雰囲気が欲しいと部屋を締め切り、
一心に鬼太郎に打ち込む。自分にも何か出来ないかと布美枝も同じように
窓を締め切り、アイロンがけをして夫とともに暑さを分かち合おうとしていたが、
ホントは自分が何をしたらいいのか分からなかった。そんななか布美枝は
茂の仕事部屋をのぞいたとき、茂が描きつつける姿を見て涙してしまう。
そのときの気持ちを鬼太郎復活を喜ぶ戌井に話す布美枝。
「私、声も掛けられませんでした。あんなに仕事に打ち込んどる人の背中
初めて見ました。あの人片腕ですけん左肩で紙を押さえて描いとるんですよ。
背中がぐいっとねじれとって。あげに精魂込めて描いてるもんが人の心を
打たんはずないですよ。売れても売れんでももうかまわんような気がします。
あの人の努力は本物ですけん」 戌井は鬼太郎は水木の代表作になると太鼓判。
締め切りは明日。布美枝は何か手伝えることはないかと聞いてみたが、
「だら!いらん事せんでええ。素人が何いっとる」と言われてしまう。
夜も更けたころ、茂は手を休めると、布美枝がまだ起きていて、
茂の肩こりのために、おばばに習った生姜の湿布をつくっていた。
「私も何か役に立ちたいんです」
布美枝の気持ちを知った茂は、「あんたなら出来る。手伝ってくれ」
布美枝に原稿のスミ塗りをさせる。布美枝のアシスタントデビューである。
そして二人で徹夜・・・。 墓場鬼太郎が書きあがった。
2週間後、本が出来上がる日。布美枝は商店街ですき焼きの材料を買う。
乾物屋の和枝たちにご馳走のわけを、本が出来るんです、と話すが、
和枝たちにはさっぱりである。(まだ明かしてないものね)
買い物から戻ると、茂が帰ってきていて、いい知らせと悪い知らせがあるという。
いい話から聞くと、できた本、『墓場鬼太郎・怪奇読切傑作集』を見せてくれた。
「これはアンタと一緒に作った本だけん最初の一冊はあんたへプレゼントだ」
見開きに『進呈 村井布美枝殿』と書かれている。泣きそうになる布美枝。
「待て!泣くのは悪いほうの話を聞いてからにしろ」
実は今回の原稿料がもらえなかったという。
何とかなる、今日はお金の心配をやめて嬉しいことだけ考えましょう、という布美枝。
すると「実はな。もうひとつええ話がある。鬼太郎の長編を頼まれた」
鬼太郎のつづきを描いてくれと富田社長に言われてきたのでした。
どうやら原稿料は次回分と合わせてということらしい。
布美枝はうれしくて「やった!やったやったやった!」とはしゃぐ。マンガに懸けた
茂の努力がやっと報われた気がして、布美枝は嬉しさを押さえられなかった。

この「ゲゲゲの女房」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★役者メモ+アルファ(敬称略)

*戌井
 売れない探偵物の漫画家。茂の作品を絶賛する。妻と赤ん坊がいる所帯持ち。
 家は国分寺。茂の家には自転車で30分の距離。
 多磨霊園をつっきれば近道だと茂に教わったが… 気が乗らないみたい。

*茂の家の鍋
 天井からコードを引いた電熱器で鍋をしてましたね。
 上のほうを映さなかったけど、松下幸之助が考案した二股ソケットから
 電気をとってるんだろうな。

*茂の戦記物のマンガ
 「少年戦記」 「少年戦記別冊・空母戦記」 「壮絶!特攻」
 ちなみに参考にしている資料には、一式陸攻の写真。
 ということは、マレー沖海戦の話が書いてあると思われる。

*茂の住所
 東京都調布市下野原1399

*布美枝がもらった「富田書房」の地図
 広告の裏に書いてもらっていましたが、すずらん商店街の広告でしたね。
 花屋「こうの」、魚屋「魚調」、肉屋「平田」・・。
 前にみたものと色違いで青印刷でしたが、レイアウトは同じでした。(笑)

*菊里ひかりちゃん
 「こみち」にきて、美智子を母のように慕う「里山製菓」女工3人組のひとり
 土井真弓役の菊里ひかりちゃん。フフフ・・「特上カバチ!」の
 中村雅俊さんの娘・杏役から、こちらですかーぁ。
 真弓に惚れてる若い工員・小林太一とは、今後、うまくいくんですかね~

*「里山製菓」女工・政子役の吉谷彩子ちゃん。
 「傍聴マニア09」の9話にミカ役で出演していたから、
 向井理くんや、南明奈ちゃんと顔をあわせるシーンがあるのか楽しみです。
 また私が初めてチェックしたのは「鹿男あをによし」。
 大阪女学館剣道部員・中堅の清水役って・・・何人分かるだろうか。

*「里山製菓」女工・順子役の潘めぐみちゃん
 「オトメン(乙男)」夏編・秋編ともに、2年A組の生徒として出演。
 童顔ですが21歳です。かわいいよね。

*乾物屋の看板がやっと見えた。
 「こみち書房」の常連、山田和枝が女将さんをしてる「山田屋」。
 魚屋の2軒となりなのね。

*さいとうたかを
 おおお!! この当時から「ゴルゴ13」でお馴染みの
 さいとうたかを先生の貸本があったのかーっ!!
 「さいとうたかを…」ってつぶやきながら、布美枝が本棚に本を戻してましたね。

*伊豆の紅ばら
 「こみち書房」に並んでる本がたくさんあって、全部書き留めてみたいのですが、
 たくさんあるからこれは大変と、目立つものを拾ってみた。
 「伊豆の紅ばら」。
 本当にあるのかと思って検索をかけると、貸本漫画情報 - @niftyがヒットした。
 いや~!並んでる本は本物ですかーっ!

*確認できた水木しげるの本 (こみち や 茂の部屋にて)
 「お笑いチーム」 「壮絶!特攻」 「空中爆雷」 「連合艦隊」
 「妖奇伝 /幽霊一家・怪猫伝」 「妖奇伝 /墓場の鬼太郎・毒血」

*「こみち」の政志が読んでた水木しげるの「少年戦記」
 なんか、当時にはないようなビニールカバーがしてありました。
 「こみち」店内にある他の本にはこのカバーがついていません。
 ちなみに本物なら、1冊40000円くらいするみたい。
 神田・長島書店
 だから、このシーンだけは大切にカバーをつけたのかしら。

*茂が買ってきた戦争資料本
 「独立歩兵小隊 西へ (堀内研究出版)」
 「眼下の敵艦 頭上の敵機 (宮川美術社)」

*茂の戦争中の話
 「あんた、マラリアをしっとるか?
  これはマラリアで寝込んどったときにやられた。
  ラバウルのズンケン守備隊というところにおったときだよ。
  40度の熱が何日も続いて…。」
 (回想)
  兵舎で筵の上に寝ている茂
  「(兵士)空襲だ!」
  (爆発音と兵士たちの叫び声)
  「(兵士)逃げろ!はやく!」
  朦朧として動けない。
  (爆発音と兵士たちの叫び声)
  左腕に爆撃。
  「(茂)ああ~っ! ああ~っ!」
  「(衛生兵) 大丈夫か!? 軍医殿!」
  「(軍医) どうした?」
  (うめき声)
  「(軍医)これは切るしかないぞ」
  「(衛生兵)しかし軍医殿!麻酔も消毒液もここには…」
  (うめき声)
  「(軍医)やむをえん。このままほうっておいても死ぬだけだ。切れ~!」
  「(茂)あ~っ!」
 「麻酔も何もないけん、あんまり痛くて気が遠くなった。
  まあ冒険活劇のように勇ましくはいかんのだ。
  それでも俺は生きて戻ってきたが戻ってこられんだった者もようけおる。
  誰にも見られずに誰にも語ることもできずに何も華々しいこともなく散ってった。
  漫画が売れなければ食べてはいけん。
  だが、スカッとするようなかっこのええ戦争漫画は…やっぱり俺には描けん!
  そこで打開策を考えた。本物の迫力だよ。
  他の人にはまねのできん 迫真の戦記漫画を描く。
  そのためには調べつくしてうその無いように描かねばならん。
  家計を圧迫するかもしれんが どうにか頼む」

*少年戦記の会会報
 『桜と錨』 第1号
 少年戦記の会会員の皆さんお待
 ちかねの機関紙「桜と錨」の第
 1号をいよいよ発行いたします。
 会員希望の受付を始めたとたん、
 どっと希望者が殺到し、熱心な
 皆さんのこれほど多いことにま
 ずは驚くとともに、ご期待にこ
 たえて充実した機関紙にせねば
 と力が入ります。
 さてさて、なにはともあれ、この
 「桜と錨」をどのような内容と
 したいのかと頭をひねり考えま
 した結果、いとつは皆さんが興
 味を持っている戦闘機や戦艦や
 太平洋戦争についてのあれやこ
 れやを、…
 …(中略)…
 なにはともあれ「少年戦記」の会
 の晴れの船出を祝しまして、皆
 さんいっしょにバンザイを三唱
 致しましょう。
 「少年戦記の会バンザーイ」

 少年戦記の会責任者
 水木しげる
 お便りの送り先はこちら
 東京都調布市下野原1399
 少年戦記の会

 ものしり教室
 飛行機編 「爆撃の話①」
 (内容: 爆撃の機種、昼間爆撃と夜間爆撃、
      水平爆撃、急降下爆撃、超低空爆撃)
 次号は「大型爆撃機について」

 日本軍艦解説図 其の一 
 戦艦 長門型 (長門、陸奥)
 (大正9年-10年、13年の1番煙突屈曲、昭和11年改造について
  図入りで解説)

*少年戦記の会会報
 『桜と錨』 第2号

 皆さんお待たせいたしました。
 機関紙「桜と錨」の第二号です。
 第一号を読んだ皆さんから、次
 号を早くとの催促がめっぽう多
 かったので、はりきって計画を
 早めての発行です。
 今号には前号に続いての「もの
 しり教室」。もっと見たいとの声
 の多い「日本軍艦解説図」…
  …(略)…

 なんでも質問箱
 (会員の質問に水木しげるが答えるコーナー)

*会員からの手紙
 はじめてお便りします。
 ぼくは少年戦記を一号からずっと見ています。
 少年戦記は本当にスバラシイ!ぼくは水木先生の絵が大好きなのでアル。
 とくに迫力のある絵がよくて、なかでも山本元帥のシリーズでの
 真珠湾奇襲のところなどは、急襲前の緊迫感からイッキに転じて、
 電撃隊突撃の大迫力の筆づかいに、ぼくはホントにふるえながら
 何度も読み返しました。なので「少年戦記の会」ができると知ったときは、
 とびあがって(ホントに)よろこびました、そして、超特急で申し込みをしたので
 会員番号は八番!これはぼくの誕生日(十月八日)と同じで、
 大好きな数字なので、これまたとびあがる(これもホント)よろこびでした。
 会報の「桜と錨」も期待にたがわぬ内容ですが、
 もっと頁数が多いといいのにと思います。でもまだ第一号ですから、
 水木先生の考えにおまかせしていれば、どんどんスバラシイ機関紙に
 なりますよね?あとできれば会員同志で絵の交換等をしたいので、
 文通室というやつをはやく…
 
*少年戦記の会会報
 『桜と錨』 第3号

 会報「桜と錨」もアッという
 まに第三号の発行となりました。
 少年戦記の会会員もマスマス増
 えて、皆さんからの希望や感想
 や質問がたっぷり書かれたお便
 りが、つぎからつぎへと届いて
 おります。ホントもうたいへん。
 これがうれしい悲鳴というやつ
 ですな。なかでも皆さんからの
 あれやこれやの質問が、とにか
 く熱心なことには頭が下がりま
 す。ということで今号は、大分
 たまってきた皆さんからの質問
 の中から、すこぶる良い質問を
 これに選んで、「質問箱大特集」
 にすることにしましょう。

 太平洋戦争 質問箱大特集
 Q:真珠湾攻撃を米国が事前予測したのは本当?(板橋区 林孝一)
 A:完全な奇襲成功で負け惜しみでしょう
 Q:レイテ沖海戦のなぞの反転は栗田長官の判断ミス?(前橋市 服部公二)
 A:栗田が伊藤正徳に述べた「戦闘に疲れて判断を誤った… (結構長い答え)

*茂が掲げたゲーテの言葉
 「意志の力で成功しない時には好機の到来を待つほかない」
 「人は努力している間は迷うに極まったものである」
 「自分自身を知るのは楽しんでいるときか悩んでいるときだけだ」

*ゲーテとの対話
 茂が布美枝に勧めた本
 
ゲーテとの対話 上   岩波文庫 赤 409-1ゲーテとの対話 中 (岩波文庫 赤 409-2)ゲーテとの対話 下    岩波文庫 赤 409-3





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
★スタッフ

原案:武良布枝
脚本:山本むつみ
音楽:窪田ミナ
主題歌:いきものがかり「ありがとう」
語り:野際陽子
 (野際さんは、10回から主題歌のあとにクレジットされている。
  回想・写真出演回の表記だけ「語り(飯田登志):野際陽子」)

撮影協力:
 東京都調布市(5,6)
 水木プロダクション(1,2,3,4,5,6)

時代考証:天野隆子(1,2,3,4,5,6)
出雲ことば指導:藤井京子(1,3,5) 井原幹雄(2,4) 広戸聡(6)
岩手ことば指導:若野裕子(6)
漫画指導:村澤昌男(3) 海老原優(4,5,6)
資料提供:山口信二(5,6)
アニメーション制作:東映アニメーション(1,2,3,4,5,6)

---------
制作統括:谷口卓敬
---------
プロデューサー:落合将(1,2,3,4,5,6)
美術:小林史幸(1,2,4,6)
技術:前田貢作(2,4,6)
音響効果:今井裕(1,3,6)
編集:佐藤秀城(1,2,3,4,5,6)
---------
撮影:細野和彦(2,4,6)
照明:竹内信博(2,4,6)
音声:濱納稔(6)
映像技術:倉又信久(2,6)
記録:津崎昭子(1,2,3,4,5,6)
美術進行:高橋秀樹(3,6)
---------
演出:一木正恵(6)
---------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
★恒例の配役 (クレジット順)

***第31回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
松下奈緒  /村井布美枝/ ヒロイン・飯田家の三女・茂の妻
向井理    /村井茂__/ 漫画家・水木しげる・のちの布美枝の夫
梶原善    /戊井慎二_/ 漫画家・茂の作品に惚れ込み、広めようと奔走する
中村靖日  /中森恒夫_/ 茂の家に住み込んだ漫画家
山千惠子/鈴木___/ 「富田書房」の女性事務員
喜安浩平  /漫画家__/ 「富田書房」で富田社長に連載復帰を懇願(31)
……………/……………/ …………………………………………………………
うじきつよし/富田盛夫_/ 貸本出版社「富田書房」社長・売れない茂の作品に冷やか
……………/……………/ …………………………………………………………

***第32回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
松下奈緒  /村井布美枝/ ヒロイン・飯田家の三女・茂の妻
向井理    /村井茂__/ 漫画家・水木しげる・のちの布美枝の夫
杉浦太陽  /浦木克夫_/ 茂の幼馴染・トラブルメーカー・『イタチの克』と呼ばれてる
鈴木裕樹  /小林太一_/ 「里山製菓」工員・「こみち」常連で茂のファン・真弓が好き
尾上紫    /山田和枝_/ すずらん商店街の乾物屋・「こみち」の常連
菊里ひかり /土井真弓_/ 「里山製菓」女工員・「こみち」の常連(32)
山千惠子/鈴木___/ 「富田書房」の女性事務員
吉谷彩子  /政子___/ 「里山製菓」女工員・真弓と「こみち」の常連仲間(32)
潘めぐみ   /順子___/ 「里山製菓」女工員・真弓と「こみち」の常連仲間(32)
喜安浩平  /漫画家__/ 「富田書房」で富田社長に連載復帰を懇願(31,32)
田中護    /雑貨屋__/ 調布・すずらん商店街
藤岡太郎  /魚屋___/ 調布・すずらん商店街「魚調」
……………/……………/ …………………………………………………………
佐々木すみ江/田中キヨ_/ 美智子の姑・「こみち書房」の店番
うじきつよし/富田盛夫_/ 貸本出版社「富田書房」社長・売れない作品には冷やか
……………/……………/ …………………………………………………………
劇団東俳
エンゼルプロ
劇団いろは
テアトルアカデミー
……………/……………/ …………………………………………………………
松坂慶子  /田中美智子/ 貸本屋「こみち書房」店主
……………/……………/ …………………………………………………………

***第33回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
松下奈緒  /村井布美枝/ ヒロイン・飯田家の三女・茂の妻
向井理    /村井茂__/ 漫画家・水木しげる・のちの布美枝の夫
杉浦太陽  /浦木克夫_/ 茂の幼馴染・トラブルメーカー・『イタチの克』と呼ばれてる
中村靖日  /中森恒夫_/ 茂の家に住み込んだ漫画家
佐々木すみ江/田中キヨ_/ 美智子の姑・「こみち書房」の店番
光石研    /田中政志_/ 美智子の夫・職を点々とする会社員・競馬好き
井之上隆志/軍医___/ (戦争中)被弾した茂の腕を切り落とした(33)
鬼頭真也  /衛生兵__/ (戦争中)被弾した茂の腕を切り落とした(33)
……………/……………/ …………………………………………………………
劇団東俳
劇団いろは
エンゼルプロ
テアトルアカデミー
……………/……………/ …………………………………………………………
松坂慶子  /田中美智子/ 貸本屋「こみち書房」店主
……………/……………/ …………………………………………………………

***第34回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
松下奈緒  /村井布美枝/ ヒロイン・飯田家の三女・茂の妻
向井理    /村井茂__/ 漫画家・水木しげる・のちの布美枝の夫
山千惠子/鈴木___/ 「富田書房」の女性事務員
山崎銀之丞/刑事・内山/ 「少年戦記の会」を怪しいと疑う・事情を知り捜査を止る(34)
尾関伸嗣  /刑事・高村/ 内山と「少年戦記の会」を捜査する刑事(34)
……………/……………/ …………………………………………………………
うじきつよし/富田盛夫_/ 貸本出版社「富田書房」社長
……………/……………/ …………………………………………………………

***第35回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
松下奈緒  /村井布美枝/ ヒロイン・飯田家の三女・茂の妻
向井理    /村井茂__/ 漫画家・水木しげる・のちの布美枝の夫
鈴木裕樹  /小林太一_/ 「里山製菓」工員・「こみち」常連で茂のファン・真弓が好き
山千惠子/鈴木___/ 「富田書房」の女性事務員
田中護    /雑貨屋__/ 調布・すずらん商店街
佐々木すみ江/田中キヨ_/ 美智子の姑・「こみち書房」の店番
うじきつよし/富田盛夫_/ 貸本出版社「富田書房」社長
……………/……………/ …………………………………………………………
劇団東俳
劇団いろは
エンゼルプロ
テアトルアカデミー
……………/……………/ …………………………………………………………
松坂慶子  /田中美智子/ 貸本屋「こみち書房」店主
……………/……………/ …………………………………………………………

***第36回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
松下奈緒  /村井布美枝/ ヒロイン・飯田家の三女・茂の妻
向井理    /村井茂__/ 漫画家・水木しげる・のちの布美枝の夫
梶原善    /戊井慎二_/ 漫画家・茂の作品に惚れ込み、広めようと奔走する
中村靖日  /中森恒夫_/ 茂の家に住み込んだ漫画家
東てる美  /松井靖代_/ すずらん商店街の銭湯女将・こみちの常連
尾上紫    /山田和枝_/ すずらん商店街・乾物屋「山田屋」・「こみち」の常連
棟里佳    /三浦徳子_/ すずらん商店街の床屋「バーバー三浦」・こみちの常連
内藤トモヤ /八百屋__/ 調布・すずらん商店街「八百善」(13,25,36)
……………/……………/ …………………………………………………………
劇団いろは
エンゼルプロ
……………/……………/ …………………………………………………………


※出演者の配役確定は、ドラマ公式サイトや、字幕放送の役名、
  下記リンク先の事務所サイト、ブログを参考にしています。

★出演者情報など、まとめ

出演者情報など、まとめ記事リンク

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★過去記事リンク

第1週 第1週・まとめ 
第2週 第2週・まとめ 
第3週 第3週・まとめ
第4週 第4週・まとめ 
第5週 第5週・まとめ 
第6週 第31週・まとめ 


「ゲゲゲの女房」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

スポンサーサイト



テーマ:ゲゲゲの女房 主題歌 あらすじ 視聴率 松下奈緒 いきものがかり - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
朝は金?? ゲゲゲの女房 毎日楽しみに見ています。 久しぶりの朝ドラ視聴です 皆さんもご存知の「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者水木しげるさんの奥様武良布枝さん原案で脚本は山本むつみさんのドラマです まだ第2週なのに涙が朝から出てしまっています。 ...(続きを読む) 飯?...
2010/06/04(金) 06:22:04 | ゲゲゲの女房 NHK朝ドラ 松下奈緒 最新情報




  おすすめ






  お買い物なら・・・


850以上の人気ブランドを取り扱うオンラインショッピングタウン
ZOZOTOWNの商品検索はこちらから!!


copyright © 2020 飯綱遣いの部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.