fc2ブログ
飯綱遣いの部屋
飯綱遣い(いづなつかい)の部屋へようこそ!:ここはドラマ中心に気になったものを書き記す私の資料置き場のブログです。ドラマデータは、コネタ、俳優の役名・役柄・プロフィール・所属事務所等です。あなたのお役に立ちますように。視聴率は気にしないつもり。

家族みんなで楽しめるゲームが60種類!
「フジテレビ★プラネッツ」に無料で会員登録できます。


NHK番組たまご
時々おとなも迷々

2010年9月20日(月) 24時15分~ NHK総合

NHKドラマ・閲覧者カウンター


時々おとなも迷々」の補足情報は→ランキングよりどうぞ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★ちょこっと感想

「地球。そこでは謎の怪人・時々迷々が人々の迷いを見つめています」

「心に陰がよぎるとき、魂のチャックを開けてみな?
 中からすぐに駆けつける。
 時々迷々が、迷いを聞きに駆けつける!
 時々迷々が、すべての迷う心に現れる。
 時々迷々が、迷いを聞きに駆けつける!」

小学生向けの道徳番組「時々迷々」の番外編で、
今年の2010年1月11日に単発でやったドラマ「時々おとなも迷々」の第2弾!
第一弾の記事(2010年1月11日放送)
これがNHK番組たまご枠で放送したってことは、
将来のシリーズ化を目指してるとみた。
いい傾向だ~~。 だって面白いもの。

そしてオンエアをみたけど・・・すばらしいね。
コメディーであり、シリアスであり、ファンタジードラマのオムニバス。
「世にも奇妙なものがたり」(フジテレビ)の各話をギュッと5分に凝縮して
「怪談新耳袋」(BS-i / TBS)のようなホラー的なものもあり、
すっきりとした短編になっていた。

ここに、物語のテイストに関わらず、
「迷ってる?」って、片桐はいりさんが入ってくる。
このギャップが・・!!とにかくおもしろい!!

ワンクールのシリーズでもいい! 続編希望だわ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


★御題

【第1話:ヤングジジイ】

カフェの看板ウエイトレス・絵々奈(上堂薗恭子さん)をデートに誘いたくて
若作りしてやってくる小野(団しん也さん)。
手には絵々奈への手紙を携えてるが、
隣の若い男(椎名鯛造さん)が邪魔でてなかなか渡せない。
さらにネットが分からない小野にむかって、「古い人」と言われたもんだから
吹き矢を使って、若い男のPCの無線LANを破壊!! (大笑いだよ!)
でも絵々奈は若い男のほうに優しくて・・・。
しばらくして、また来店した小野は、
隣の席のひなびた老人・紺野(沼田爆さん)から
「小野さんじゃない?どうしたの若作りしちゃって」と声をかけられた。
一緒にされたくない小野だったが、
紺野が絵々奈に「かわいいね!一緒に新宿にウナギ食いに行こう」とナンパ。
嫉妬した小野はまた吹き矢でやっつけようと思ったが、紺野は鎖鎌で対抗!
あははは!なんでそんなもん持ってるんだよ!
戦いの末、敗れた紺野は、「大丈夫ですか?」と
絵々奈のふくよかな胸(B:88)に抱かれる・・。沼田さん!役得だよ~ ^o^
すっかり凹んでしまった小野は・・。洗面所でため息。
「迷ってる?」と、時々迷々が鏡に映った自分の姿を借りて語りかける。
「もういい年なんだから、惚れたはれたは卒業しないと。
いくつだと思ってるの?あんたの若作り、みんなバカにしてみてんだよ?
デートに誘いたいなら、さっさとその手紙渡しちゃえば?
ダメならダメで、お迎えが来るまで老人らしく余生を過ごすくらいに考えないと」
でも、「一生ときめいて死んでやる!」と決めて、
またカフェに来てみたら・・ 絵々奈はもう辞めていた。
「迷ってる?恋を追い求めるのはやめたら?」(時々迷々)
「そうかもしれない」と思ったとき、
注文をとりに来た新人ウエイトレス(杉浦光季さん)にトキメキ!!

団しん也さんだよ!貴重だ!

次の話しに入るとき、ぶち切るんですね。これも味としていいね。


【第2話:板ばさみ】

不倫していた中年の男と若い女の心中死体が海から上がる。
男・道弘(史朗さん)は青年団に引き上げられたとき息を吹き返した。
しかし、相手の夏見(藤本喜久子さん)は道弘の足を掴んだまま死んでいた。
生還した道弘には妻・史代(宮下順子さん)との生活が待っていた。
道弘の足には、夏見の手の跡がまだ残ったまま。
寝ている道弘の足を、史代が夏見と同じように掴む。
「ひぃ~~!」 「アハハ!ビックリした?どんな夢みてたの?夏見さんの夢?」
「責められるのは仕方のないことだ。でも夏見はもおう死んだんだ」
「私だって分かってる。でもこの年になってこんな思いするなんて~!(涙)」
それからというもの、史代は買い物言ってる間に女を家に入れてるといいだした。
証拠の写真を見せられたが、なにも写ってない。
風呂場からついうっかりと「夏見」といってしまう道弘。
すりガラスごしに史代の手がはりつく。
こわいよ~~「怪談新耳袋」みたいだ!
寝付けない道弘は、夜の道を散歩。
すると、目の前から白いドレスの夏見が歩いてくる。
振り向くと、史代がカマを持って走ってくる。
「(史代) 死んだなんて!やっぱりうそだったのね!」
「いや、これは・・」
迫ってくる二人の女に挟まれた道弘の足を掴んだのは・・・。
「迷ってる?」(白装束の時々迷々)
怖いよ~~~!!


【第3話:おれおれ森】

バス停でバスを待ってた老婆(森康子さん)は
森からやってきた魔女(奥村勲さん)に、
「森に入って遊ぼう。森はいいとこですよ」と誘われる。
「だめです。バスが来るまで待ちます」と誘いに乗らない老婆。
甘い言葉で誘う魔女。その手にのらない老婆。
その合間に、ホーロー看板から呼びかけたり、
森で料理をつくって呼びかける時々迷々。
こんどは孫(内倉憲二さん)だという男が、老婆を森に誘う。
でも老婆は誘いに乗らない・・。
「知らない人にはついていかない」っていう標語の大人版みたいな話。

バス停のホーロー看板が時々迷々!!
オロナミンCの大村昆さん風に、棒つきキャンデー持って
「食べちゃいますか? 時々迷々 教育テレビ 放映中」の看板と、
ボンカレーの松山容子さん風に、レトルト袋を持って
「どうすんの 森に行くの 時々迷々 モンシチュー 絶賛放映中」
松山容子さん風の片桐はいりさんが絶品だった!!

しかし・・・森に誘われる老婆役が、森さんとは~~っ!


【第4話:定年にはなるけれど】

定年退職した井坂誠(塩見三省さん)。バスに乗ってある場所に向かっている。
井坂の数少ない趣味の一つに、絵葉書収集があった。
古本屋を回り、古今東西の絵葉書を探す。
人の手紙を覗き見するような性癖はないと自負をしていた。
が、ある日手に取った真紀子という女からの手紙が気になった。
「・・あなたなしでは生きて生きてゆけません。この世で一番恋しいのはあなた。
 金曜日の午後1時、ニノチカホテルのロビーで待ってます。
 遭ひたい、遭ひたい、遭ひたい。  真紀子」と書かれていた。
絵葉書は半世紀前のもので、ニノチカホテルが写っていた。
もし妻に、本気でその差出人の女に会いに行ったの?
そのためにわざわざ長距離バスに乗ってるの?と問われれば、
井坂に返す言葉などない。
でも・・ちょっとシャツなど整えてたらボタンが飛んで、
つい、入社試験の時に外れたボタンを縫ってもらった妻を思い出した。
「迷ってる?いいんですか?うちに帰らなくて」(時々迷々)
それでも昔のままのニノチカホテルにきてしまった井坂。
1時を8分ほどすぎたころ・・。
どう考えたって、半世紀の前の女が現れるはずもない。
井坂はどうかしていたのだと自分に言い聞かせた。
そして帰ろうと腰を上げると、ロビーに女が飛び込んできた。
嬉しそうに井坂に近づいてきた女。井坂も信じられない思いだった。
が、女は井坂を通り過ぎ、後ろの男と抱擁していた。
「真紀子・・」つい、言ってしまった。 不信そうに見る二人。
「あ・・」申し訳なさそうな井坂。すると井坂の携帯が鳴る。
それは、妻・真紀子からの電話だった。
「真紀子?うん?ああ… ちょっと会社に呼ばれちゃって。
 うん。ちょっと乗り過ごしちゃって。これから帰るよ」
どこかスッキリした井坂が、ホテルをあとにする。

う~ん!ファンタジー!!

【第5話:夜明け前】

女優(絵沢萠子さん)は、かつて天才女優と呼ばれていた。
しかし今は、これだという納得できる台詞がわからない。
「私、いつもずっと待ってるの。役がまた私に降りてくるのを」
と、運転手をしている新人(村上東奈さん)に語りかける女優。
彼女は、主演した「夜明け前」の頃は自分を完成した女優と思っていた。
その映画は妥協を許さない北村監督での初主役の映画だった。
でも監督はラストシーンを撮ることが出来ないまま死んでしまった。
映画はお蔵入り。それから女優に二度と主演の話は来なかった。
「自殺だったのかしら。バカよね。たかが映画のために死ぬなんて。
 でも、私も監督と同じかしら。私は死んでないだけで…」
「迷ってます?」と運転手になっている時々迷々。
「疲れたわ・・」 女優は役が降りてくることを待ち続けることも、
死んでないことにも疲れ果てていた。
「答えは、いつも一つであるべきでしょう?もう終わりにしたいの。女優も人生も」
車は夜の海、断崖にやってきた。女優は身を投げようとしたが、
「よう!」と北村監督(利重剛さん)から呼びかけられた。
「しけた面してんなぁ。ハハハハ!」
「何さ、あんた勝手に死んじゃって!!私は、たった一人でずっと待ってた!」
「おお!ハハハハ!」
「何よ。へらへらした顔して。あんたのせいで、
私は映画のために死ぬ羽目になるの?たかが映画のために!」
「ハハハハハ!痛えなあもう。」 「ハハハハハ!」「アハハハハ」
「タバコ一本くれよ。切らしちまった」
そして監督は「ラストの台詞、できたぞ」と1枚の紙を渡す。
『夜明け前 S#135
 いつの間にか海に来ている。
 車の扉が開く
 あたりは薄暗い。岸壁の海は荒
 桂子、辺りを見回す
 桂子(台詞)』
「聞こえる?闇の中あらゆるものが、私の目に見られることを待ち望み
 うごめいている音が。ほら、向こうには死んだやつが居る。
 そして私はここで生きている。
 もうすぐ日が昇る。その瞬間、私はわたしがいつも正しいと信じ、願う。
 やがて、全てのものに光が射る。そして、私は私の間違いを知る。
 答えは一つではなかった。答えなどなかった。
 ほら向こうには死んだ奴らがいる。そして私はここで生きている。」
車の脇で拍手している新人。
女優はやっと自分から解放されたのだった。

いや~、絵沢さんが素敵だった~。


時々おとなも迷々」の補足情報は→ランキングよりどうぞ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
★公式サイトリンク

公式サイト
NHKデジタル教材ブログ:NHK | 番組紹介 | 時々おとなも迷々2

時々おとなも迷々」の補足情報は→ランキングよりどうぞ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
★恒例の配役
 
…Cast……/…役………/…役柄等・………………………………………………
片桐はいり /時々迷々_/ 人の心を表している神出鬼没の存在
……………/……………/……………………………………………………………

【第1話:ヤングジジイ】 脚本:鈴木卓爾
……………/……………/……………………………………………………………
団しん也   /小野___/ 若いウエイトレスにもてようと若作りする老人
沼田爆    /紺野___/ 小野の知人(老人)・若作りはやめろと小野とバトル
椎名鯛造  /若い男__/ 絵々奈と馴れ馴れしい客・小野のライバル
上堂薗恭子/絵々奈__/ 小野がデートに誘いたいカフェのウエイトレス
杉浦光季  /新人___/ 小野が次にときめいたカフェの新人ウエイトレス
楠井博士  /男店員__/ カフェの店員
……………/……………/……………………………………………………………

【第2話:板ばさみ】 脚本:片桐絵梨子
……………/……………/……………………………………………………………
宮下順子  /史代___/ 道弘の妻・未だに夏見が気になり嫉妬する妻
史朗      /道弘___/ 史代の夫・不倫相手の夏見と心中したが生き残った
藤本喜久子/夏見___/ 道弘の夢や亡霊で現れる、道弘と心中で死んだ女
……………/……………/……………………………………………………………

【第3話:おれおれ森】 脚本:戌井昭人
……………/……………/……………………………………………………………
森康子    /老婆___/ バス停でバスを待ってた老婆
奥村勲    /魔女___/ 老婆を言葉巧みに森に誘う魔女
内倉憲二  /孫____/ 老婆の孫と名乗り、森に誘う青年
……………/……………/……………………………………………………………

【第4話:定年にはなるけれど】 脚本:萩生田宏治
……………/……………/……………………………………………………………
塩見三省  /井坂誠__/ 定年後、半世紀前の絵葉書の差出人、真紀子に会いに行く
宮前希依  /女/真紀子/ ニノチカホテルに現れる女・(昔の真紀子と2役)
大窪晶    /男____/ ニノチカホテルで女と待ち合わせていた彼
山口眞司  /上司___/ 井坂の会社退職時の上司
田代忠雄  /老夫婦__/ 井坂が真紀子に会いに行くバスに同乗してた老夫婦
田代和子  /老夫婦__/ 井坂が真紀子に会いに行くバスに同乗してた老夫婦
……………/……………/……………………………………………………………

【第5話:夜明け前】 脚本:横浜聡子
……………/……………/……………………………………………………………
絵沢萠子  /女優___/ 女優も人生も終わりにしたかった女優
利重剛    /北村監督_/ 映画「夜明け前」監督・女優を主役に起用したが完成前に亡くなった
村上東奈  /新人___/ 女優の付き人兼運転手
……………/……………/……………………………………………………………

─────/─────/───────────────────────
清川元夢  /ナレーション/
─────/─────/───────────────────────
古賀プロダクション
NHK東京児童劇団
─────/─────/───────────────────────
 
※出演者の配役確定は、ドラマ公式サイトや、字幕放送の役名、
  下記リンク先の事務所サイト、ブログを参考にしています。
 
【メイン】

時々迷々…片桐はいり スターダスト Profile
ナレーション…清川元夢 俳協 Profile

【第1話:ヤングジジイ】

小野…団しん也 団プロモーション Profile
紺野…沼田爆  Profile
若い男…椎名鯛造 エースクルーエンターテインメント Profile Blog
絵々奈…上堂薗恭子 プラチナム Profile
新人…杉浦光季 Office340 Profile Blog
男店員…楠井博士 サイアン Profile

【第2話:板ばさみ】

史代…宮下順子 アンプロモーション Profile
道弘…史朗 エビス大黒舎 Profile
夏見…藤本喜久子 グリング Profile

【第3話:おれおれ森】

老婆…森康子 希楽星 Profile
魔女…奥村勲 鉄割アルバトロスケット Profile
孫…内倉憲二 アトランティス  Profile

【第4話:定年にはなるけれど】

井坂誠…塩見三省 演劇集団円 Profile
女/真紀子…宮前希依(宮前希衣×) ブレス Profile Official Site Blog
男…大窪晶 演劇集団円 Profile Blog
上司…山口眞司 演劇集団円 Profile
老夫婦…田代忠雄 プロダクションタンク?
老夫婦…田代和子 プロダクションタンク?

【第5話:夜明け前】

女優…絵沢萠子  Profile
北村監督…利重剛 クォーター・トーン Profile
新人…村上東奈 アップフロントエージェンシー Profile


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
★記事リンク

シリーズ1  シリーズ2 

「時々おとなも迷々」の補足情報は→ランキングよりどうぞ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
スポンサーサイト



テーマ:2010年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック




  おすすめ






  お買い物なら・・・


850以上の人気ブランドを取り扱うオンラインショッピングタウン
ZOZOTOWNの商品検索はこちらから!!


copyright © 2024 飯綱遣いの部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.