FC2ブログ
飯綱遣いの部屋
飯綱遣い(いづなつかい)の部屋へようこそ!:ここはドラマ中心に気になったものを書き記す私の資料置き場のブログです。ドラマデータは、コネタ、俳優の役名・役柄・プロフィール・所属事務所等です。あなたのお役に立ちますように。視聴率は気にしないつもり。

家族みんなで楽しめるゲームが60種類!
「フジテレビ★プラネッツ」に無料で会員登録できます。


NHK連続テレビ小説(朝ドラ
てっぱん 第9週
「これが私(うち)の作る味」 (2010年11月22日 - 11月27日)

てっぱん・閲覧者カウンター


↓↓「てっぱん」キャラクターグッズはこちらから


てっぱん」の出演者の所属事務所へのリンクや、役柄、番組スタッフなど
できるだけ毎日更新していきたいと思います。


←公式サイト

入会日から30日間無料でお試し!宅配DVD&CDレンタル!


この記事をツイッターにRTする この記事をツイッターにRT(リツイート)する
→「てっぱん」の情報はランキングよりどうぞ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★ちょこし感想

※1週間分を、この記事に追記してゆきます

※鰹節「浜勝」のモデルになったお店を教えてもらいました。
 店長は、浜野一役の趙和さんより上を行ってますなぁ~~!!

 http://www.katsuobusi.com/hamakatu.html

冬美のあけるはずだった店を引き継いで開店にこぎつけたあかりだったが、
お客さんは伝さんや浜勝の身内ばかり。伝さんは律儀に焼きそばのみですね~。
みんなは大阪のお好み焼きもやればいいと勧めるが、
あかりはまだ尾道焼きにこだわっていた。
あかりの生活は、朝5時半おき。でも起きられず、目覚ましの音がやまない。
その目覚ましを止めろとあかりの部屋の戸を叩くのが滝沢の日課のようだ。
初音は毎朝あかりのためにおにぎりを握って、浜勝に送り出す。
こうしてあかりの会社と店の二束わらじの生活が続いた。
開店して10日。さすがに身内のひとたちもあかりの店に足を運ばなくなる。
黙って見守っていた初音もこの状況にやきもきしていたが、
伝さんから尾道焼きだけではやっていけないと言ってやれと言われても
そんなこと出来ないと突っぱねていた。
そんななか一般のお客さんがきても普通(大阪)のお好み焼きが無いと聞くと
帰ってしまう場面もあった。
そのとき、なにやら思いつめていた民男は、どっちも焼けばいいと言い放つ。
そして滝沢をチームに戻そうとやってきた根本は、
相変わらず滝沢に逃げられていた。まだ合宿に参加してくれないらしい。
根本はあかりたちに、本来個人技である長距離走のコーチの役目は
選手の思い込みをほぐすことだと言う。料理も同じで独りよがりでは進歩しないと。
そして何故大阪で尾道のお好み焼きなのか聞かれたあかりは、
独りよがりに思われるかもしれないが自分にとって大切な味、
自分を育ててくれたふるさとの母の味だからと答える。

そのころ尾道では来週に迫ったあかりの誕生日に何を贈ろうか
考え始めていた。が、錠だけはそんな気分ではなく、まったく大阪から
電話がないことで、あかりが心配でたまらず、プレゼントどころじゃなかった。

一方あかりは、独りよがりか・・と、売上が落ちてきていることを実感してた。
そんなあかりに、いりこでも食べるか?と差し出す鉄平。でもそんな気分じゃない。
食堂では、初音はゴミ箱に捨てられてた民男の30点だった算数のテストを
民男に戻して、悪い点数でも父親に見せなきゃいけないと諭してた。
民男はそのわけを、昔は母が教えてくれていて、悪い点数になったのは
父が自分のせいだと思うだろうから、傷つけたくなかったという。
「なんでどっちかしか選ばれへんの」という民男。
そして、あかりの尾道焼きもすきだけど、母が焼いた大阪のお好み焼きも好きも
好きだったし、どっちを選ぶなんてことは出来ないと、あかりたちに言う。
大阪の人にとっては大阪のお好み焼きがお母ちゃんの味だとわかったあかりは
大阪のお好み焼きを勉強する決意をする。
しかし初音は、「あんたには無理や」と言い放つ。
あかりはさらに大阪のお好み焼きに意欲を増す。
しかし初音には頼るつもりは無い。
それを聞いた小夜子たちは店に集まりお好み焼きの作り方を教えるが
十人十色でどうもうまくいかない。

そのこと鉄平は民男の家庭教師。でもうまく教えられない。
帰ってきた滝沢が代わりに教えるが、教え方がわからない。
そんなとき父・中岡が帰って来て、30点のテストに愕然…。
そこに根本がやってきて、意外な才能を見せる。民男への教え方がうまい!
中学の教員免許を持っていたのね。家庭教師を頼まれた根本は
ここに来る用事が出来るのはありがたいと引き受けた。
迷惑そうな滝沢に、あかりが何で根本を嫌うのか聞いたのがやぶへび。
「そういうお前はどうやねん?」と初音にお好み焼きを教わらないことを
逆につつかれてしまう。民男も素直に教わったらいいのにと。
自分の店だから自分で頑張らないとというあかりに、滝沢は自分も同じだと言う。
ふたりとも頑固だという根本。

その夜、ひとりでお好み焼きを研究したあかりは、翌日伝さんに味を見てもらう。
判断基準は店に出せるものかどうか。伝さんはあかりの強い思いに応え、
試食をすると…。「うまいわ。ただしタダやったらな」と。
お金を払ってこの店にもう一度来ようとは思わないというのだ。
あかりが現実を受け入れ、伝さんに「ありがとうございました」と言うと、
母の味が受け入れてもらえなかったのは悔しいが、
冬美から受け継いだ夢であるこの店を潰すわけにはいかないと思いを話す。
「尾道から出てきて何にもなかったうちが、やっと見つけた夢なんよ。
 うちが尾道で生まれたんも、うちが尾道から出てきて今大阪におるんも
 きっとここでお好み焼きをするためじゃった。ほいじゃけえ、後戻りはできん。
 中途半端なことしたら、お父ちゃんとおかあちゃんに合わす顔がないけえね。
 うちは、どんなことをしてでも、ここを潰すわけにはいかんのよ!」
鉄平は大阪に逃げるのか、尾道のお好み焼きにこだわるべきだと納得がいかない。
すると尾道のこだわる鉄平に、妹が初音に取られるのが面白くないのか?と!
「てつみたいな根無し草と違うてな、あかりちゃんは大阪で踏ん張っていくて
決めたんや。妹の邪魔したらあかん。」「俺が邪魔いうんか?」
「そらあ自分が一番よう知ってるはずやがな」。 出てゆく鉄平。
伝さんは何故初音に教えてもらわないのか、あかりに問うと、
初音のお好み焼きは食べるとホッとした、もう一度食べてみたいというのでした。

そのやり取りを台所で聞いていた初音は、部屋に戻ると仏壇に向い、
千春の写真に「あんたはあんなに店のことを嫌うてたのになぁ」とつぶやく。
するとあかりがやってきて正座すると、「弟子にしてください!」と頼んだ!
大阪人に胸を張って出せるお好み焼きを教えて欲しいと本気を見せるあかり。

ということで、翌日。店は臨時休業。
あかりと初音が神棚に拍手を打ち、指導が始まった。
初音が客になり、来店した客への応対から。
「小さい店やな」 「すいません…」
「あやまってどないするんや!お客さんに大きいしてもらいますわ!
それくらい言えんのか」 「おばあちゃんもお愛想言うとったん?」
「あんたみたいなヒヨッ子がやっていくには、愛嬌振りまくよし芸がないやろ」
「おばあちゃんに強うしてもらいます!」
「笑うてる暇があったら早よ注文取り!」 「あ… ご注文は?」
「豚玉」 「まだ、大阪のは…」 「尾道焼きでええがな」 「はい」
初音を気にしながら焼くあかり。あかりから目を離さない初音。
「3秒や。あんたが鉄板から顔を上げてた時間。
お客さんを相手にしてんのか、鉄板を相手にしてんのか、どっちや!」
言葉も無いあかり…。
「わかったやろ?尾道とか大阪とか、言う以前の問題や!
基本から、みっちり仕込みまっせ!返事!!」 「はい!」

さっそく初音は材料の買い入れから仕込む。
商店街にあかりをつれてゆき、八百屋ではキャベツの品定めから
店主との交渉のしかた。脂ののった豚バラの買い方、イカの買い方…。
しっかりした付き合いのあるお得意さんにはヘタなものは売らないと、
信頼関係をつくることを教える。
戻ったら、キャベツの保存の仕方を教わり…。
店も同じで長持ちさせようと思ったら初めが肝心と教える。
そんなとき伝さんがきて、あかりの初音弟子入りを喜んだ。
が、用件は鉄平がいなくなってしまったことを、言い過ぎたからかなと
ちょっと悔やみ、鉄平から連絡がないか聞きにきてたのでした。
でもあかりは、いつものことだとあまり気にしてなかった。

そのころ鉄平は、お好み焼き屋「がんばりや」でバイトを始めていて
大将の作るお好み焼き屋を観察していた。

田中荘では、初音があかりに生地の作り方から指導。
空気を入れるように混ざるなど、初音の手付きを真似るあかり。
初音は手つきを真似るだけで実際にお手本作りはしなかった。
目で覚えるものでなく体で覚えるものだからだと…。

そんなときランニングしてた滝沢は、鉄平とばったり。
滝沢はあかりが初音に弟子入りしたことを伝える。
鉄平はうまいお好み焼きが焼けるようになるまで帰らないという。
鉄平なりのやりかたを理解した滝沢は、
鉄平から会ったことを言わないでくれといわれた。

その夜、あかりが店でひとり焼き方から接客まで練習をしていた。
そこにやってきた滝沢はお客役をやることに…。
初音に言われたように焼いてる間も滝沢から目を離さないようにしていた
あかりだったが、それは睨んでるようにしかみえない。(笑)
指摘すると無理に笑うあかりを見て、つい噴出してしまう滝沢。
そして鉄平のことは心配要らないと教えたが、
居場所は約束だから教えなかった。ひとまず元気なことがわかったあかりに、
お前がうまいお好み焼きが作れるようになったら戻ってくるだろうと言う滝沢。
「けっこううまいわ」と、あかりのお好み焼きを食べた滝沢。

それからあかりは、何種類ものソースを並べて味見をする。
ソースは味の決め手、いろんなソースの中から工夫して自分の味を決めると
初音に言われていたからだ。
いろいろ試した結果、できたソースを初音に味見してもらおうとした。
が、初音は自分で決めた味、その味で勝負してみなさいと、味を見なかった。
そのときあかりは、ふと、何故千春がこの店を嫌いになったのだろうと思った。
「なんで鉄板なんか見とうない言うたんじゃろ?」
「知ってどないする。辛なるだけや」
「自分を生んだ人のこと、何にも知らんほうが辛いし…怖い」
「そうか…。そやな…」
話し始める初音。
「このうちを出てゆく理由が欲しかっただけや。
ろくな才能もないのに、外国で勉強したいとか、ふわふわしたこと言い出してな。
世の中そんな甘いもんちゃう言うても、18の娘や。聞く耳もたんわ。
自分でお金貯めるて、学校やめて、アルバイトを始めたんや。」
「それでおばあちゃんと喧嘩に?」
「それっきりや。18の小娘や、家出しても何にもでけへん。
頭冷やしたらすぐ帰ってくるって、思ってたんやけどな。
どうも、好きな人がいたみたいなんや。」
「好きな人?」
「その人のとこへ入りこんだんやな。」
「もしかして、その人がうちの?」
「顔も、名前も知らん。心当たりを聞いて回ったんやけど、
手がかりはつかめんかった。千春のこと、何にも知らんかったんや。
鉄板のほうばっかり向いてて、娘に背中向けてたんや。
悪いのは、うちや。憎むんやったらうちを憎み。母親を憎んだらアカンで。
あんたにまで、母親憎ませることになったら、うちは…。」
「憎んだりせんよ。千春さんのことも、おばあちゃんのことも。」

浜勝では修行も大詰めになったあかりに、あとは出汁の味が決まるだけやなと
あかりの大阪のお好み焼きを楽しみにしていた。
神田は試行錯誤しているうちに自分の持ち味が出るとあかりに教える。
店に戻ったあかりは、出汁の配分を変えていろいろ試してみる。
焼いては食べ、焼いては食べ・・・ 「うちの持ち味か・・・」と悩む。
すると棚にいつも鉄平の食べてた”いりこ”を見つける。
「いりこは尾道の味じゃけえのう」と言ってた鉄平を思い出す。
食べてみて、懐かしい味だと元気が出たあかり。と、あかりはいりこを見つめ…。

そのこと尾道では錠がとつぜん大阪に行くと言い出していた。
毎年あかりの誕生日は家族全員揃って祝っていたから、
あかりにとっては自分たち家族が何よりのプレゼントになるはずだと!
「でも、鉄平は?」 鉄平が戻らないと揃わないよという真知子。

翌朝、徹夜で味を決めたあかりは、起きてきた初音に、
「おばあちゃん。前に言うたよね。なんでこの世に生まれたんかは
自分で探すもんじゃって。うち、見つけてみせる!」と笑顔で言う。
「そうか…」と言うと、初音は台所に戻った。
すると台所の流しには出汁をとった”いりこ”があった。
店に目をやり、小さく微笑む初音。

店には伝が来ていて、あかりの新しいお好み焼きを試食。
初音は黙って立ち会っていた。
一口食べると、伝さんは「あかりちゃんは、どない思う?」と。
「うちは、これが自分の味じゃ思います!」とあかり。
「これやったら、何べんでも食べに来るわ」と伝さん。
初音も微笑み、頷いている。
「ありがとうございます!」とあかり。
「けど、これでしまいやない。これからや!」と気を入れる初音。
「はい!」
あかりが初音にもお好み焼きを勧めると、初音は
これを食べてもらわないといけない人がいるだろう?あんたのお兄ちゃんや、と。

あかりはお好み焼きを持って鉄平のところに向った。
場所は滝沢に教えてもらっていた。
店に着くと、働いている鉄平を見つけて微笑むあかり。
そして川沿いの道であかりは鉄平と話す。
大阪のお好み焼きを焼けるようになったというあかりに、自分の出番はなかった、
落ちこぼれはどこまでいっても落ちこぼれだと凹む鉄平。
でもあかりは鉄平に助けてもらったと言う。
家族なんだからそばにいるだけでいいのだというのだ。
いなくなれば心配して不安にもなる。お好み焼きを焼いてる間は
いろんなことを考えてしまう。だからこのお好み焼きには、
いやなくらい鉄兄が入ってるから責任もって食べてよと、お好み焼きを差し出した。
あかりは急いでて箸を忘れたが、鉄平は手づかみでお好み焼きを食べた。
あかりも鉄平も泣きそうだった。「おいしい」 「鉄兄、帰ろう」

田中荘に2人が帰ってくると、とつぜん民男に手を引かれてゆく。
すると食堂では、みんな揃っていて、あかりの19歳の誕生会!
サプライズなのでした! なぜか岩崎と加奈もいるのね!
19歳の誕生日は、自分の味を見つけた記念日でもありました。

尾道ではあかりのプレゼントを考えていたが、真知子が大阪に行かないでも
家族を贈ろうと発案。

あかりにはみんなから色んなプレゼントが!
でも初音は19の娘に何をあげたらよいか千春の位牌の前で考え
思い浮かんだのが、お好み焼き。
さっそく準備して、「一枚だけ焼くわ」と店の鉄板へ。
あかりも驚いたが、一番驚いたのは伝さん!
そして初音は、あかりにも大阪のお好み焼きを焼いて、
みんなに食べてもらいなさいと!
2人のお好み焼き共演に、
「焼いてる… 初音はんがあかりちゃんと…。」
と、20年ぶりのお好み焼きに、焼いてるときから感激の涙が止まらない伝さん。
いろいろあったことを思い出すと、涙があふれるあかり。
初音は焼き終わると、あかりの前にお好み焼きを差し出し、台所へ引っ込む。
「おばあちゃん。ありがとう」 「お誕生日、おめでとうさん」と初音が笑顔。
伝さんは初音のお好み焼きをあかりから勧められても、
「おおきに。いっぱいや…。すんまへん…。」って食べずに帰って行きました。
不動尊の石段に腰を下ろし手を見つめていた初音は、「忘れへんもんやなぁ」と。
そこに伝さんがやってきて、「おつかれさん。ええもん見せてもろうたわ。」
2人は20年、、お互い歳をとったと笑顔だった。
仏間にあかりがお好み焼きを持ってやってきて、
「おばあちゃんのお好み焼きです」と、千春に供え、手を合わせる。
そして「もうええかの?ええよね?いただきます!」と、
これが千春が食べていた味なんだなぁと思いながら、あかりは食べた。

その夜、片付けをしていたあかり。手伝っていた滝沢に鉄平が
そっけなく「ありがとの。とにかく礼は言うたけえの」と礼を言う。
滝沢は、あかりのお節介が移ったと文句をいいつつも、2人を見ていて、
一人で悪あがきするのはかっこよくないことがわかったと言うのでした。

初音の部屋に来たあかりは、やっと初音のお好み焼きが食べられたと嬉しそう。
「おいしかった。うちが客じゃったら毎日通うわ」 「そうか」
「うちを産んだ人が、食べて育った味なんじゃね。ありがとう。
おばあちゃんが、千春さんを育ててくれたけえ、うちが今ここにおる。
ず~っと考えとった。うちが、どうして生まれてきたんか。
考えても考えても、分からん事だらけじゃ。
でも、うちがどう生きていきたいんかは、見えたよ」 「どうしたいんや?」
「うちは、あのお店でお好み焼きを焼く。目の前のお客さんを相手に、一枚一枚。
一日一日。おばあちゃんがそうしとったみたいに」 「そんなんでええんか?」
「そしたら…。いつか」 「いつか、何や?」
「いつか。いろんな事、笑って話せるようになるかもしれん。
千春さんが好きになった人が来ても、一緒に!
おばあちゃんも一緒に、笑える日が来るかもしれん!」
「泣くんか、笑うんか。どっちかにしい!」
「どっちにしよう?」
「ありがとう!あんた、よう、生まれてきてくれたなあ!」 
がぁあ・・・ 涙腺決壊であります。

夜、尾道の両親と欽也からあかりに、手紙と家族写真が届く。
さっそく尾道にお礼の電話をして、鉄平も戻ってきたことを伝えた。
大阪には行けなかったこと、一番寂しいのは真知子だという錠。
そして欽也がいるから真知子はおかあちゃんでいられると…。
ということで3人はあかりの誕生日にビールで乾杯。

大阪のお好み焼きが焼けるようになって、店は再スタート。
先日、大阪のお好み焼がないから帰っていった、
二人連れの厚子(一木美貴子)、千代子(西村頼子)も来店し、
大阪のも尾道のも好評だった!

土曜日の朝、あかりと鉄平が開店準備を始めると、
初音が民男を店に連れてきた。
民男は今日一日、あかりに母親代わりになってくれという。
どうやらクラスでやっと友達が出来て、その子が家に遊びにきたいと言い出した。
でも学校で見栄を張って母がいると行った手前、
友達が遊びに来る間だけ母親役をしてほしいというのだ。
でも、嘘をついたことは反省していて、
あとで本当のことを友達に言うと諦めかけたとき、
鉄平がいらんお節介を焼き始め、
「俺に任せておけ!」と民男とどこかへ行ってしまった。
あかりと初音は・・ なんか嫌な予感がするのでした。

そのころ尾道では、村上家に来ていた隆円が、
蔵の修理に際しての掃除や整理しているときに、
先代=父親の仕舞いこんだいろんなものが出てくる出てくるとぼやく。
じつは千春の臨終に立ち会ったのも隆円の父だけだった。
真知子は最後に立ち会えていたら、千春の遺言が聞けたかもしれないと思った。
すると隆円は、千春が父に何か言い残してるかもしれないと…。

大阪では、店が昼の部が終わって準備中にはいった。
でも鉄平はまだ戻ってこない。初音もあかりもヘタなことしてないか心配だった。
そんななか律儀にケーキを持ってきたのは根本。
あかりの誕生日に手ぶらだったし、あかりのおかげで滝沢がチームの練習に
加わる気になったお礼も兼ねてだと言う。
そこにやっと鉄平が民男と戻ってきた。店を貸してくれと言うと、
民男の友達2人と、ニセの母=小夜子と、ニセの父=神田もやってきた。
初音は「悪夢や~」とその場から逃げていった。
民男たち3人に、昔の要領でパフェをつくって振舞う小夜子。
どう見ても水商売のママさんと、職人の夫婦にしかみえない。(笑)
「大丈夫かのう!」と、奥の席で見守ってたあかりも気が気でない。
するとそこに、本当の父=中岡徹がやってきた。
しかも別れた妻=民男の本当の母・森下康恵と一緒に!!
お友達もキョトン!ニセモノ両親は、もう笑うしかない。
でも民男の両親は、どこか深刻な感じで田中荘に入ってゆく・・。

そのころ、尾道では隆円が千春の遺言らしき封書を見つけ
大騒ぎで村上家に駆け込んできたところだった。
封筒には『預り 田中千春さん』と隆円の父の字で書かれていた。




今週のあらすじは
←公式サイト


この「てっぱん」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★役者メモ+アルファ(敬称略)

*今週は今井雅子さんの脚本。
 「てっぱん」第9週の脚本協力は寺田敏雄さんで、
 恒例の週頭でクレジットにでました。
 さらにオカモト國ヒコさんも第9週の脚本協力で、
 恒例の週2日目でクレジットにでました。

*「おのみっちゃん」のお客さん(49)
 厚子(一木美貴子さん)、千代子(西村頼子さん)なのですが、
 お2人とも私には初でございました。
 一木さんは、「だんだん」の船長だった佐川満男さんや
 「まいご3兄妹」の徳田尚美さんがいるライターズカンパニー所属。
 西村さんは、生瀬勝久さんたちのいるリコモーション所属の女優さんです。
 ちなみに、「いきものがかり」は、リコモーションと同じ事務所グループの
 キューブ所属だったのか~~! 知らなかった。
 http://www.cubeinc.co.jp/live/index.html

*「おのみっちゃん」の10月の売上(49)
 1日(木)  5250円 7人
 2日(金) 6300円 9人
 3日(土) 12350円 17人
 4日(日) 11100円 15人
 5日(月) 5700円 8人
 6日(火) 3250円 5人

*民男の算数テスト(49)
 ちなみに民男は5年2組
 算数のテストは割合の問題。

*商店街の八百屋「尾崎青果店」(51)
 店主役の泉祐介さん・・。
 フフフ!!「ちりとてちん」では喜代美が大阪に出てきたばかりのときに
 賞味期限切れのハンバーガーをくれたホームレス! そうだったっけなぁ。

*南田辺本通商店街(51)
 あかりが初音から仕入れの指導を受けた商店街。
 南田辺本通商店街振興組合

*キャベツの保存(51)
 芯から腐るから、買ってきたら芯をくりぬき、
 濡らしたキッチンペーパーを詰めて、ビニールに包んでおく。

*所作指導(51)
 この回だけ所作の指導が入っている。はてさて、どの場面なんだろう。
 店の神棚に拍手を打つところか?

*鉄平が働いていたお好み焼き屋「がんばりや」(51)
 お店の名前は「がんばりや」ではない。
 が、店内には「がんばりや賛江」の芸能人色紙~~
 それと「スタービール」のポスター。
 これも美術さんが作ったのか~~。
 ロケ情報→日曜日は甚六のお好み★|epices 今日もよろしおあがり!

*あかりの出汁配分メモ(52)
 粉に混ぜる出汁のカツオと昆布の比を決めるようです。
 Aは1:9、Bは2:9・・・と、9種類。

*あかりへのプレゼント(53)
 ・加奈: 「おのみっちゃん(♪マークつき)」のロゴ入りの手作りエプロン(赤と黄)。
 ・笹井・中岡親子・滝沢: 商売繁盛の額縁(装飾は笹井)
 ・浜勝: 枕崎の本枯節 (極上もん)
 ・伝さん: お好み焼きをかき混ぜる木製スプーン(手作り)
 ・岩崎: 19本の薔薇の花束
 ・冬美: 小さい達磨
 ・根本: 手ぶらで恐縮・・。(後日、律儀にケーキを持ってきた)
 ・鉄平: なし。 あかり曰く、戻ってきたのがプレゼント。

*やっとはっきり見えた、あかりの店の中の「浜勝」カレンダー(53)
 「NO KATSUO, NO LIFE」と書いてある。

*尾道からの手紙(54)
 『あかりへ
  お誕生日おめでとう!
  どこにおっても、何をしとっても、
  つながっとるよ。
  体に気を付けて。
  父、母、欽也より
  追伸 鉄平をよろしく』

*スタービール(54)
 尾道の家族が飲んでた瓶ビール。
 この銘柄は、鉄平はがバイトしてたお好み焼き屋の店内にも
 ポスターがありましたね。

*「おのみっちゃん」の尾道焼き説明張り紙(54)
 これが 『尾道の(ふきだし)』お好み焼です
 とろとろたまご (目玉焼きのような絵)
 うす~い生地 (生地の絵)
 豚バラ or 生イカ (豚バラの絵)
 天かす イカ天 砂ズリ(ここがポイント) (具材の絵)
 そば (焼きそばの絵)
 細もやし (もやしの絵)
 キャベツ (キャベツの絵)
 カリカリ生地 (生地の絵)←かつお粉
 ミルフィーユ状に重ねて焼きます
 『合体!』
 (上から見た完成写真)
 ♪サクサク ふわふわ♪
 ・お持ち帰りあります  ・ぶた玉 600円 ・いか玉 600円
 営業時間 平日17:00~21:00
 土日祝11:30~14:00 17:00~21:00
 「ぶちうまいけえ」と言って食べてるキャラクターは、
 おのみち信用金庫のキャラ「おのしんくん」。
 ご来店お待ちしております!

*「おのみっちゃん」のお好み焼・張り紙(54)
 大阪の お好み焼 はじめました
 尾道の→(半分ずつ尾道/大阪のお好み焼の写真)←大阪の
   かつお粉                 花かつお
 豚玉 イカ玉 ミックス玉 
 「どちらにするか迷うけえ」と言って食べてるキャラクターは、
 おのみち信用金庫のキャラ「おのしんくん」。
 ・ご来店お待ちしております ・お持ち帰りできます
 平日17:00~21:00 / 土日祝11:30~14:00 17:00~21:00

*厚子(一木美貴子さん)、千代子(西村頼子さん)再び登場(54)
 これは意外だった。
 メニューに尾道焼きしかなかったときに、「普通のはないの?」と
 帰ってしまったお客さんでありましたなぁ。

*BGM (54)
 POPなテンポのテーマ曲。初めて使われた感じがするけど、これはいいね。

*根本はあかりの将来の彼氏候補?(54)
 根本もなんとなく参戦の予感。
 でも展開としてはあかりに振られるパターンかなぁ。

*民男の同級生(54)
 友人A役=八尾寛将くん
 (26話:浜勝に社会化見学に来てた男の子・青地のARMYバンダナ
  「(子供A) てか、あんまおいしないなぁ」)
 友人B役=横堀渉くん 似てるけど、「龍馬伝」龍馬幼少期ではありません。
 http://www.himawari.net/media/tv/001593.html
 (26話:浜勝に社会化見学に来てた男の子・緑の普通のバンダナ
  「(子供D) ちょっと、塩っぱない?」、でもこのときクレジットに名前はなかった)

*パフェの材料はどこから!? (54)
 一応、つっこんでおきましょう。

*民男のおかあさん・森下康恵役=茂中瑛子(モナカアキコ)さん (54)
 http://www.mc-kikaku.jp/drama/monaka/index.html
 朝ドラ「あすか」「まんてん」に出演してたらしいが、役柄詳細は不明です




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
★スタッフ

作:今井雅子(3,4,6,9週)
音楽:葉加瀬太郎・啼鵬
語り:中村玉緒

脚本協力:寺田敏雄(13,19,31,37,43,49話)
        :オカモト國ヒコ(14,20,32,38,44,50話)

タイトルデザイン:森本千絵
タイトルバック制作:中島信也
振付:近藤良平

料理監修:吉岡知子(6,14,15,17,19-23,25-28,30,35-43,45-46,49-54話)
フードコーディネート:吉岡秀治(6,14,15,17,19-23,25-28,30,35-43,45-46,49-54話)

鰹節考証:木村忠司(14-16,20-22,25,26,29,38-40,43,49,52話)
お好み焼き指導:佐竹佐知子(1,3,6,12,27,28,30,34,39,44,45,48-54話)
所作指導:飛鳥珠王(51話)

尾道ことば指導:原尚子(1話~)
大阪ことば指導:田中恵理(1-33,35話~)

撮影協力:
 大阪府(5,6,13話~)
 大阪市(5,6,13話~)
 広島県(1話~)
 広島県尾道市(1話~)

---------
制作統括:海辺潔
---------
プロデューサー:三鬼一希(ALL)
美術:山内浩幹(1,2,3,5,8,9)
技術:黒川毅(1,3,5,7,9)
音響効果:井上直美(4,7,9)
編集:田中美砂(1-9)
---------
撮影:大須賀弘之(1,3,5,7,9)
照明:青井紀子(1,3,5,7,9)
音声:田中高晴(9)
映像技術:森千重(1,3,5,7,9)
記録:藤澤加奈子
---------
演出:熊野律時(9)
---------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連商品

【ドラマ・ガイド】
連続テレビ小説 てっぱん (NHKドラマ・ガイド)
【小説本/上】
NHK連続テレビ小説 てっぱん 上
【小説本/下】
***
【テーマ曲】
EMOTIONISM
EMOTIONISM
葉加瀬太郎
【テーマ曲楽譜】
ピアノ&ヴァイオリン・ピース NHK連続テレビ小説 てっぱん ひまわり/Habanera
ピアノ&ヴァイオリン・ピース
【サントラ】
***
瀧本美織カレンダー】
瀧本美織 2011年 カレンダー
瀧本美織
2011年カレンダー
【DVD】
***
【DVD】
***

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★恒例の配役 (クレジット順)

***第49回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
瀧本美織  /村上あかり/ ヒロイン・トランペットが好きで負けん気と明るさをもつ
安田成美  /村上真知子/ あかりの母・実はあかりの育ての親
遠藤憲一  /村上錠__/ あかりの父・造船下請け「村上鉄工所」経営
趙和    /浜野一__/ 鰹節「浜勝」社長・会社より吹奏楽にお熱・あかりを雇う
松田悟志  /根本孝志_/ 滝沢の所属する駅伝部コーチ
遠藤要    /村上欽也_/ あかりの兄(長男)・「おのみち信用金庫」勤務
森田直幸  /村上鉄平_/ あかりの兄(次男)・鉄工所を継ぐため錠から修行中
長田成哉  /滝沢薫__/ 初音の下宿人・あかりと同日入室・実業団の駅伝選手
松尾諭    /中岡徹__/ 初音の下宿人・離婚後息子と入室・コンピュータープログラマー
前田航基  /中岡民男_/ 初音の下宿人・徹の息子(小学生)
一木美貴子/厚子___/ あかりの店に来店・大阪のお好み焼がないから帰った(49)
西村頼子  /千代子__/ あかりの店に来店・大阪のお好み焼がないから帰った(49)
……………/……………/ …………………………………………………………
舞夢プロ
劇団東俳
……………/……………/ …………………………………………………………
川中美幸  /松下小夜子/ 鰹節「浜勝」の事務員・
赤井英和  /神田栄治_/ 鰹節「浜勝」の職人
……………/……………/ …………………………………………………………
竜雷太    /長谷川伝_/ 初音の近所の老人・元大工
富司純子  /田中初音_/ 千春の母・あかりの実祖母・大阪で下宿屋
……………/……………/ …………………………………………………………

***第50回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
瀧本美織  /村上あかり/ ヒロイン・トランペットが好きで負けん気と明るさをもつ
趙和    /浜野一__/ 鰹節「浜勝」社長・会社より吹奏楽にお熱・あかりを雇う
松田悟志  /根本孝志_/ 滝沢の所属する駅伝部コーチ
長田成哉  /滝沢薫__/ 初音の下宿人・あかりと同日入室・実業団の駅伝選手
森田直幸  /村上鉄平_/ あかりの兄(次男)・鉄工所を継ぐため錠から修行中
木南晴夏  /田中千春(写真)/ あかりの実母・初音の娘・あかりを生んですぐ亡くなった
松尾諭    /中岡徹__/ 初音の下宿人・離婚後息子と入室・コンピュータープログラマー
前田航基  /中岡民男_/ 初音の下宿人・徹の息子(小学生)
……………/……………/ …………………………………………………………
川中美幸  /松下小夜子/ 鰹節「浜勝」の事務員・
赤井英和  /神田栄治_/ 鰹節「浜勝」の職人
……………/……………/ …………………………………………………………
竜雷太    /長谷川伝_/ 初音の近所の老人・元大工
富司純子  /田中初音_/ 千春の母・あかりの実祖母・大阪で下宿屋
……………/……………/ …………………………………………………………

***第51回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
瀧本美織  /村上あかり/ ヒロイン・トランペットが好きで負けん気と明るさをもつ
長田成哉  /滝沢薫__/ 初音の下宿人・あかりと同日入室・実業団の駅伝選手
森田直幸  /村上鉄平_/ あかりの兄(次男)・鉄工所を継ぐため錠から修行中
泉祐介    /店主___/ あかりが初音に教えてもらった「尾崎青果店」(51)
……………/……………/ …………………………………………………………
劇団東俳
キャストプラン
NAC
グレース
……………/……………/ …………………………………………………………
竜雷太    /長谷川伝_/ 初音の近所の老人・元大工
富司純子  /田中初音_/ 千春の母・あかりの実祖母・大阪で下宿屋
……………/……………/ …………………………………………………………

***第52回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
瀧本美織  /村上あかり/ ヒロイン・トランペットが好きで負けん気と明るさをもつ
安田成美  /村上真知子/ あかりの母・実はあかりの育ての親
遠藤憲一  /村上錠__/ あかりの父・造船下請け「村上鉄工所」経営
柏原収史  /岩崎潤__/ 音楽大学講師・浜野商店街バンド指導者
趙和    /浜野一__/ 鰹節「浜勝」社長・会社より吹奏楽にお熱・あかりを雇う
神戸浩    /笹井拓朗_/ 初音の下宿人の長老・人付き合いが苦手な画家
松田悟志  /根本孝志_/ 滝沢の所属する駅伝部コーチ
長田成哉  /滝沢薫__/ 初音の下宿人・あかりと同日入室・実業団の駅伝選手
遠藤要    /村上欽也_/ あかりの兄(長男)・「おのみち信用金庫」勤務
森田直幸  /村上鉄平_/ あかりの兄(次男)・鉄工所を継ぐため錠から修行中
朝倉あき   /篠宮加奈_/ あかりの親友・久太の一人娘・ユーフォニアム吹きの音大浪人
松尾諭    /中岡徹__/ 初音の下宿人・離婚後息子と入室・コンピュータープログラマー
前田航基  /中岡民男_/ 初音の下宿人・徹の息子(小学生)
……………/……………/ …………………………………………………………
NAC
グレース
……………/……………/ …………………………………………………………
川中美幸  /松下小夜子/ 鰹節「浜勝」の事務員・
赤井英和  /神田栄治_/ 鰹節「浜勝」の職人
……………/……………/ …………………………………………………………
竜雷太    /長谷川伝_/ 初音の近所の老人・元大工
富司純子  /田中初音_/ 千春の母・あかりの実祖母・大阪で下宿屋
……………/……………/ …………………………………………………………

***第53回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
瀧本美織  /村上あかり/ ヒロイン・トランペットが好きで負けん気と明るさをもつ
安田成美  /村上真知子/ あかりの母・実はあかりの育ての親
遠藤憲一  /村上錠__/ あかりの父・造船下請け「村上鉄工所」経営
ともさかりえ/西尾冬美(写真)/ 初音の下宿人・自称スーパーモデルのジェシカ・(48話で帰郷)
柏原収史  /岩崎潤__/ 音楽大学講師・浜野商店街バンド指導者
趙和    /浜野一__/ 鰹節「浜勝」社長・会社より吹奏楽にお熱・あかりを雇う
神戸浩    /笹井拓朗_/ 初音の下宿人の長老・人付き合いが苦手な画家
松田悟志  /根本孝志_/ 滝沢の所属する駅伝部コーチ
長田成哉  /滝沢薫__/ 初音の下宿人・あかりと同日入室・実業団の駅伝選手
遠藤要    /村上欽也_/ あかりの兄(長男)・「おのみち信用金庫」勤務
森田直幸  /村上鉄平_/ あかりの兄(次男)・鉄工所を継ぐため錠から修行中
朝倉あき   /篠宮加奈_/ あかりの親友・久太の一人娘・ユーフォニアム吹きの音大浪人
松尾諭    /中岡徹__/ 初音の下宿人・離婚後息子と入室・コンピュータープログラマー
前田航基  /中岡民男_/ 初音の下宿人・徹の息子(小学生)
木南晴夏  /田中千春(写真)/ あかりの実母・初音の娘・あかりを生んですぐ亡くなった
……………/……………/ …………………………………………………………
川中美幸  /松下小夜子/ 鰹節「浜勝」の事務員・
赤井英和  /神田栄治_/ 鰹節「浜勝」の職人
……………/……………/ …………………………………………………………
竜雷太    /長谷川伝_/ 初音の近所の老人・元大工
富司純子  /田中初音_/ 千春の母・あかりの実祖母・大阪で下宿屋
……………/……………/ …………………………………………………………

***第54回***

…Cast……/ …役………/…役柄等・(数字は出演回)……………………………
瀧本美織  /村上あかり/ ヒロイン・トランペットが好きで負けん気と明るさをもつ
安田成美  /村上真知子/ あかりの母・実はあかりの育ての親
遠藤憲一  /村上錠__/ あかりの父・造船下請け「村上鉄工所」経営
柳沢慎吾  /篠宮久太_/ 「篠宮造船」社長・あかり養子縁組の後見人
尾美としのり/横山隆円_/ 「浄土寺」の住職・錠の幼馴染で独身貴族
遠藤要    /村上欽也_/ あかりの兄(長男)・「おのみち信用金庫」勤務
森田直幸  /村上鉄平_/ あかりの兄(次男)・鉄工所を継ぐため錠から修行中
松田悟志  /根本孝志_/ 滝沢の所属する駅伝部コーチ
松尾諭    /中岡徹__/ 初音の下宿人・離婚後息子と入室・コンピュータープログラマー
茂中瑛子  /森下康恵_/ 中岡の元妻・民男の母(54)
前田航基  /中岡民男_/ 初音の下宿人・徹の息子(小学生)
一木美貴子/厚子___/ 「おのみっちゃん」の客(49,54)
西村頼子  /千代子__/ 「おのみっちゃん」の客(49,54)
八尾寛将  /友人A__/ 「浜勝」の社会科見学(26)・田中荘に遊びに来た民男の友達(54)
横堀渉    /友人B__/ 田中荘に遊びに来た民男の友達(54)・(26話:子供Dで出演・ノンクレジット)
……………/……………/ …………………………………………………………
川中美幸  /松下小夜子/ 鰹節「浜勝」の事務員・
赤井英和  /神田栄治_/ 鰹節「浜勝」の職人
……………/……………/ …………………………………………………………
富司純子  /田中初音_/ 千春の母・あかりの実祖母・大阪で下宿屋
……………/……………/ …………………………………………………………

※出演者の配役確定は、ドラマ公式サイトや、字幕放送の役名、
  下記リンク先の事務所サイト、ブログを参考にしています。

★出演者情報など、まとめ

出演者情報など、まとめ記事リンク

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★過去記事リンク

第1週 第1週・まとめ 
第2週 第2週・まとめ 
第3週 第3週・まとめ 
第4週 第4週・まとめ 
第5週 第5週・まとめ 
第6週 第6週・まとめ 
第7週 第7週・まとめ 
第8週 第8週・まとめ 
第9週 第9週・まとめ 


この記事をツイッターにRTする この記事をツイッターにRT(リツイート)する
「てっぱん」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「サミットネットスーパー」
お試しセット(¥1000)        会員登録

 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
スポンサーサイト



テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック




  おすすめ






  お買い物なら・・・


850以上の人気ブランドを取り扱うオンラインショッピングタウン
ZOZOTOWNの商品検索はこちらから!!


copyright © 2021 飯綱遣いの部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.