FC2ブログ
飯綱遣いの部屋
飯綱遣い(いづなつかい)の部屋へようこそ!:ここはドラマ中心に気になったものを書き記す私の資料置き場のブログです。ドラマデータは、コネタ、俳優の役名・役柄・プロフィール・所属事務所等です。あなたのお役に立ちますように。視聴率は気にしないつもり。

家族みんなで楽しめるゲームが60種類!
「フジテレビ★プラネッツ」に無料で会員登録できます。


(水野) いや~映画って本当にいいものですね。
(山口久美子) 私は ず~っと死ぬまで お前の先生だからな。
『金曜ロードショー』をご覧の皆さんこんばんは 仲間由紀恵です。
さぁ いよいよ始まります『ごくせん THE MOVIE』。
2002年から続きましたテレビドラマ『ごくせん』の完結編となる映画です。
歴代の卒業生達も勢揃いして『ごくせん』の集大成ともいえる作品になっております。
今夜は特別プレゼントがありますので番組の途中に出て来るキーワードを最後まで お見逃しなく。
きっちり決めてやろうじゃないか!



♪~
♪~
♪~
□(リポーター) 香港国際空港から成田空港に向けて飛行中だった『ファーストエアライン』816便が成田空港着陸直前にハイジャックされてから2時間余りが過ぎました。
犯人からタラップをつけるよう要求があった以外は…。
犯行の目的は一体 何なのでしょうか。
犯人が銃を所持しているという情報もあります。
乗客の方が無事であるのか安否が気になります。
(公安部長) 犯人の要求は?
(県警本部長) 現金2000万ドルと逃走用の小型飛行機です。
(公安部長)そんな要求 聞けるわけないだろ。
(SAT隊長) 突入しますか?SATなら5分で片付けます。
(刑事部長)いや ちょっと待ってください。
突入は 最後の手段だ。
(犯人) いつまで待たせる気だ?あと5分だけ待つ。
ゴチャゴチャ抜かすんじゃねえ!!
(鷹野) せっかくの海外旅行だったのに…。
(鮎川)温泉にしとけばよかった…。
それにしても…。
(鮎川)こんな時 よく寝てられるよね。
(山口久美子) よく寝た~。シ~!
大変なんです…!そろそろ着きます?
(鷹野) 静かにしてください…!んにゃ~!
静かにしろ~!
はい…。
ジャック…。
あ~!
いつの間に こんなことに…。
あの…お水 飲みたいんですけど…。
うるせぇ!黙ってろ このクソババア!
クソババアだと?
何だ? その目は。
老いぼれはおとなしくしてりゃいいんだよ。
ヘヘヘヘ…。
もう勘弁ならねえ…。
おとなしくするのはテメェらのほうじゃねえか。
山口先生…!
これまで何十年と世のため 人のためにしっかりと生きていらっしゃった人に対してふざけた口 叩いてんじゃねえぞ!
何だと?
何が望みか知らねえがいいたいことがあるならお天道さまに顔向けて胸張って堂々と いいやがれ!
ゴチャゴチャいってんじゃねえ!キャ~!
□(銃声と悲鳴)
全員 突入だ!状況 把握しろ!
銃声です!今 銃声が聞こえました!
やはり犯人は銃を所持していました。
♪~
♪~
うわ~~!
申し訳ございません!
♪~
あれ…?
(猿渡五郎) あ…。(牛島) あ…。
山口先生…。
(鶴岡) うわっ!(鳩山) 何?
(鶴岡) あれ!(鳩山) ん? ウソ!
(馬場) 山口先生!?(熊井) ヤンクミ?
お嬢!(黒田) 久美子!
(若松) お嬢の一大事だ!てつ ミノル 菅原 行くぞ!
へい!
いってまいりやす!
おい!
(黒田) 済んだみてぇだぞ。
へぇ?
あの… 違います私は犯人じゃありません。
カタギのもんです!
(一同) カタギ?
カタギ!?
えっと…。
山口久美子赤銅学院高校の教師です。
担当は数学 あだ名はヤンクミ。
ちなみに独身 よろしくね!

テヘっ!
♪~

(黒田) まぁ 無事だったからよかったもののあんまりムチャするんじゃねえぞ。
ごめんね 心配かけちゃって。ハハハ…。
(てつ) けど さすが お嬢だ。
その度胸と正義感 文句なしに大江戸一家の4代目ですよ。
(菅原) もう いつ継いでもおかしくありやせんね。
(ミノル) よっ お嬢! いや 姐さん!
(若松) いい響きだね~ ハハハ!
お前ら 私に しっかりついて来るんだぞ。
へい!
いや ないない 全然継がないし…。
へぇ…。
あ… そうだみんなに お土産 買って来たから。
えっ?
あっしらに そんなにお気遣い いただかなくてもなぁ!
ありがてぇや お嬢!
あれ?
しまった! あの騒動で空港に…。
面目ねえ…。
♪~
<私は山口久美子職業 高校教師>
いってきます。
<7歳の時に両親を亡くし唯一の身寄りだった母方の祖父大江戸一家3代目の黒田龍一郎に育てられた>
<高校教師になって7年>
<なぜか受け持つ生徒は世間でいうところの不良ばかり>
<けれど彼らは私に教えてくれた>
<真っすぐぶつかれば 真っすぐ向き合ってくれることを>
<しっかり思いを受け止めてくれることを>
<そんな生徒達と共に歩んだ7年だったと思う>
おう!
おはよう ヤンクミ!
おはよう クマ。
見たぞ 昨日のニュース大変だったなぁ。
全然… あんな奴ら別に怖くもないし。
さすがヤンクミだな。
褒めんなよ 照れるじゃないか。
じゃあな!
わ~~!
(木にぶつかる音)
(牛島)はら~ まさか この飛行機に山口先生達が乗り合わせていたとは!
テレビで見た時はホント ビックリしました。
まっ 無事で何よりだ。ホント怖かったんですよ。
鮎川先生なんて まだショックで寝込んでるんですから。
死ぬ… ハイジャック… 助けて…。
でも どうして これ犯人は急に投降したんですかね?
いや それは山口先生が…。
あっ!
やっぱり 逃げられないって観念したからじゃないですかね。
山口先生。あっ おはようございます 教頭。
校長です。あ… すいません。
ちょっと。
あなた何か かかわってませんか?
いえ 何も。
だったらいいんですがねもしも目立つことしてあなたが大江戸一家の孫だとバレたら どうなるか…。
あっ!「あっ」じゃないですよ。
私 これ 何回いいました?あなたも私もクビですよ。
決してバレないようにおとなしくしていてください!
あ… そういえば 今日から教育実習生が来るんでしたよね?
まだ来てませんね。
初日から遅刻ですか。たるんでますね。
その根性 叩き直してやろうじゃないですか。
(小田切 竜)すいません 遅くなりました。
あ… すいません。
小田切!?
ヤンクミ?
小田切!
ば… 馬場?
お前…。
小田切ってあの小田切だったのか!
さるわたり教頭…。
「さわたり」だし校長にもなったし!
マジかよ…。
山口先生 お知り合いなんですか?
はい 『黒銀学院』の時の教え子なんですよ。
今日から教育実習でお世話になる小田切 竜です。
よろしくお願いします。
お願いします。(チャイム)
行きますか… じゃ 頑張ってね。頑張ってよ。
お願いします。小田切!
じゃ 山口先生しっかり指導 お願いしますよ。
はい。
久しぶり。小田切!
昔は世話の焼ける奴だったけどこんなに立派になって…。
私は この日を夢見てました。
は?
こうして 私に憧れて教え子が教職の道に進んでくれる日を!
何だよ? 何だって…。
よ~し 小田切!
私と生徒達と一緒に心の汗を流そうじゃないか!
しっかり ついて来いよ!
お前 一層 暑苦しくなったな。
あい!
え? じゃ教師になるつもりないのか?
まだ 何も決めてねえよ。
まぁ 何となく教職課程とったから仕方なく…。
じゃ 私がいるから『赤銅学院』に来たんじゃ…。
んなわけねえだろ。
…っだよ!
で また手のかかるクラスなんだろ?
生徒達と うまくやってんの?
今イチってとこかな。
まっ 焦らず じっくりやってくさ。
教師ってのはな 忍耐強く生徒と向き合わなきゃな。
お前も。
ファイト~ お~!
お前 まだそんなことやってんの?
はい…。
(生徒達の騒ぎ声)
静かに!
静かに!
静かにしてください!
静かにしろっていってんのが聞こえないのか!?
あぁ!?
「教師は忍耐強く」じゃねえのかよ?
あ…。
(武藤) 何ゴチャゴチャいってんだよ あぁ!?
(望月) 先公がデカい顔してんじゃねえよ!
誰? こんなとこにタバコの吸い殻 捨てたのは。
(松下) 何だ そういうことかよ。
(五十嵐) あのボールよけれるわけねえよな。
誰なの?
ちゃんと灰皿に捨てなきゃダメでしょ!
…って そうじゃねえだろ。
あ…。
誰だ! タバコなんて吸ったのは!
知らねえよ。知ってても いうわけねえだろ。
仲間 売れねえからな。悪いけど 俺達これでもダチのことだけは大事にしてるからな。
フッ…。
何 笑ってんだよ!
いや 別に。
未成年のタバコは ご法度だぞ。
(一同) ご法度?時代劇かよ。
いいか お前ら 見つからなきゃ何やってもいいなんて思うなよ。
お天道さまはちゃんと見ていらっしゃるぞ。
(一同) はぁ?お天道さま?
(武藤) 何だ? それ。
あ… それじゃ 紹介します。
教育実習生の小田切 竜先生です。
小田切先生と親睦を深めるためにこれから 缶蹴り大会やりま~す!
は?(ブーイング)
ジャージに着替えて全員 校庭に集合だ!
♪~
2人で…親睦を深めるか。深めねえよ。
クッソ~!
あっ!
ヤバい! 逃げるぞ!
ヤベっ。
(望月) 小田切って あの実習生山口の昔の生徒なんだってよ。
『黒銀』の不良だったらしいね。
不良が先公?あり得ねえ!
やめろ 小田切 指すな!

最初のキーワードは…。
(本城) あ~! あ~! あ~!
(倉木) こりゃ 一大事やねん!
(神谷) 大変だよ これ!
(市村) 何が何だか 分からへん!
おい 大変だ!大変だ~!
(緒方) 久しぶり。
(風間) どうしたんだよ お前ら慌てちゃって。
だから! 一斉に しゃべる4人
はぁ?
だから! 一斉に しゃべる4人
お前ら 1人ずつしゃべれ。
ヤンクミが… 男と歩いてた!
え~!?
(本城) お前らも見たんか?見た見た!
しかも超イケメン!
あり得ねえだろ。見間違いだろ。
間違いないって!明日 雪降るからな!
クマ 2人な!
あっ… 座って。
お薦めはね…。知ってるから。
お前ら! 久しぶりだな 元気か?
ん? 何だ その あんぐり顔は。
小田切じゃねえか!
お久しぶりです。
(熊井) 小田切 竜ヤンクミが『黒銀』ん時の教え子だ。
教え子!?
(市村) あっ そういうことか!
何だよ!
こいつら ヤンクミが男と歩いてたって大騒ぎしてたんだよ。
(亜美) 「あり得ない」とか「明日 雪降る」とかって。
(本城) ヤンクミにイケメンの彼氏なんか できるわけねえよな!
ないない!
俺らもバカだなぁ。バカバカ!
(緒方) だから いったろあり得ねえって。
ハハハハ!いってたけどな!
あり得ねえだと?
テメェら 上等だ!表へ出やがれ!
あり得ねえって大人つかまえて どういうこと…。
落ち着け。
熊井さん ラーメン2つ。おう!
うめぇ~!
けど 3人とも偉いじゃないか休まずにちゃんと学校 通ってるなんて。
(緒方) まぁ 何とか。
高校ん時に比べりゃ成長したな。
で お前らは仕事のほうはどうだ?少しは慣れたか?
もう完璧やで!
クラ しょっちゅう 主任に怒られてんじゃん!
いうな それは! シッ!
俺は親父に怒られてばっか。
豆腐屋 継ぐのってやっぱ大変だわ。
仕事ってのはどんなものでも大変なんだよ。
そやけど 給料安いんは勘弁やで。
だよな!だから俺 夜バイトすんだ。
夜のバイト? ってことは…。
バ~カ!ちょっとした荷物運びだよ。
あっ そうか… 私は てっきりよからぬバイトでも始めんのかと思って。
んなわけねえだろ。
「よからぬ」って何やねん!
ヤンクミは 今の生徒達まだ てこずってんのか?
まぁね。
まぁ 俺らも最初はヤンクミ 拒否ってたからな。
そうやんな 説教とかホンマあり得んかったわ。
慣れるまではウゼェからな。
何日で来なくなるか賭けたよな。お~ やったやった!
えっ マジっすか!じゃ 小田切さん達は?
うん やってたかも。
みんな 一緒なんっすね。ホントだよな。
(風間) すっげぇ!
お前 泣いてんの?
バカ野郎 泣いてねえよ。
嬉しいんだよ。
こうして 『白金』 『黒銀』 『赤銅』の教え子達が集まっててさ。
みんなで笑ってて…。
メチャクチャ嬉しいんだよ。
教師になって ホントによかった。
拭けよ。
あい…。
ハハハハ…。
よ~し お前らどんどん お代わりしろ。
好きなもん頼んでいいぞ私の おごりだ。
やった~!チャーシュー麺 追加!
餃子 大盛り!餃子 いいね!
じゃ チャーハン 大盛りで!
クマ ジャンジャン持って来い!
お前 給料日前じゃねえの?
あ… 大盛り禁止で…。
それからチャーシュー付きも なし。
えっ!餃子も なしにして クマ。
替え玉にしよう。イヤだ~!
替え玉でお願いしま~す。
替え玉6つ…。(倉木) だからイヤやって!
いっせ~の 3!イェ~イ!
よっしゃ 3だからな 3。
怜太 遅くねえ?
もうそろそろ来るっしょ。
おい!にいちゃん。
悪いけど 金貸してくんねえか?
そんな金 ねえよ。
何だと こら!黙って出しゃいいんだよ!
うわっ!
怜太!
(高杉) 俺のダチに手ぇ出すんじゃねえよ。
クッソ~ 何だ テメェ!
『赤銅』の高杉怜太だけどそれがどうかしたのかよ?
夢だったんだよこうして教え子と杯交わすのが。
遠慮なく ジャンジャン飲んでくれよ 兄弟。
兄弟?仲間ってことだよ。
いや しかし 嬉しいじゃねえか。
生徒さんがこんなに立派になられてよ。
まぁ そりゃ お嬢の指導がよかったってことですよ。
そんなことないよ。
だよな。
何だと テメェ!
てつ 座れ。
へぇ。
怖えぇ。
もともと小田切が頭よかったってことっすかね。
ミノル!すいやせん。
ハハハハ…。
よし 小田切 今日は覚悟しろよ。
え?とことん飲むぞ!
(黒田) お~…。(若松) いいねぇ。
(一同) お~!(若松) さすが お嬢。
何が「覚悟しろよ」だよ。
よっぽど嬉しかったんだろうなお嬢。
(いびき)
ん…。
教え子が ちゃんと自分の道をまっとうに歩いてることが。
俺なんて 全然…。
先生になるんだろ?
いや…。
俺 大学行ったら自分のやりたいこと見つかるもんだと思ってたのに全然で。
何か さすがに このままじゃヤベェんじゃねえかなって焦って来て。
そんな時 ヤンクミにいわれたこと思い出して。
「諦めんな 失敗してもいい」。
まぁ ちょっとウザかったんですけどいろんなこと教えてもらったなって。
お嬢は何にでも 真正面からぶつかってらっしゃるからな。
俺もヤンクミみたいに自分の道 見つけたいんすけど…。
フッ。
2番目のキーワードは…。


あ~ 頭痛い…。
吐きそう…。
あっ! すいません!
(武田) いえ こちらこそ。(日向) 大丈夫ですか?
ヤンクミ!
武田! 日向!
え~! 久しぶりだな!
おい! 元気か おい!
仕事のほう どうだ?頑張ってるか?
当ったり前じゃん聞くまでもねえよ。
俺も もう すっかりサラリーマンって感じ?
そうか。
で 2人ともこんな所で何してるんだ?
あの人の話 聞こうと思ってさ。
(黒瀬) 朝のお忙しい中お邪魔いたします。
私 このたびの衆議院議員選挙への立候補を決意いたしました黒瀬健太郎でございます。
黒瀬健太郎? 誰なんだ?知らねえのか?
年商2000億円のIT企業『ドリームアソシエイツ』の社長だよ。
ふ~ん。あの人 すげぇんだぜ。
昔は俺達みたいに不良だったんだけど会社つくって成功して今度は選挙に出るんだってさ。
へぇ~ 大したもんだな。
ホントすげぇよな。
今でこそ IT業界の風雲児と呼ばれている私でございますが昔は問題ばかり起こしておりました。
そんな私が立ち直れたのも多くの方々の支えがあったからこそなのです。
今の私を受け入れてくれたこの社会に何としてでも恩返しがしたいんです!
(拍手)
素晴らしい! 素晴らしい!
応援してます!
あぁ… ありがとうございます。
昔好きだった人に そっくし…。
え?
きっと黒瀬さんも優しくて 誠実で心のきれいな人に間違いありません!
あ…!頑張ってください!
はい…。
行くぞ ヤンクミ!(日向) なっ ご迷惑だろ。
黒瀬さん! 応援してますから!(日向) ヤンクミ!
山口です… 頑張ってください!すいません!
応援してます!
昨日の奴ら今思い出しても腹立つよな!
どこのどいつか知らない奴だけど怜太にやられて懲りたでしょ。
「覚えてろよ!」とか いってたけどあれ 絶対ビビってたよな。
やっぱ怜太は すげぇよ。別に。
またケンカ?悪いかよ?
ってか いきなり入って来んなよ!
まぁ ケンカがいけないとはいわないけど…。
だったら黙ってろよ!
(バイクの走行音)
♪~
(リーダー) 高杉怜太 出て来いや!
昨日 俺の仲間が世話になったらしいじゃねえか!
あいつら 昨日の…。
ヤベェよ あいつら「ブラックスカル」じゃん!
「ブラックスカル」?
有名な暴走族だよ。
(バイクのエンジンをふかす音)
おいおい…。
暴走族が乗り込んで来てるんですよ!
早く来てください!
(パトカーのサイレン)
おい 行くぞ!
このままで済むと思うなよ!
♪~
どういうつもりなんだ!
あんな奴らともめ事 起こすなんて!
校長! あの連中かなり凶悪な奴らのようですよ。
恐喝や傷害など 警察沙汰いくつも起こしてるらしいんです。
怖い…。
よりによって そんな連中とケンカするなんて!ケンカじゃねえよ。
俺らがカツアゲされそうになったとこ怜太が助けてくれたんだよ。
どうせ 目が合ったとか肩が触れたとかつまらないことが原因なんだろ!
信じねえんなら 別にもういいよ。
よくねえよ。
お前ら 今の話 本当なんだな?
ああ。
教頭。校長です。
こいつら ウソついてませんよ。
こいつらのいうこと信じるんですか?
信じます。
ウソをついているかどうかぐらい真っすぐ目を見れば分かります。
山口先生あなた そんなこといってもし何かあったら責任とれるんでしょうね?
今度3Dの生徒が あんな連中とトラブルを起こしたら辞めてもらいますよ!
はい。
クビを怖がってちゃ生徒達と向き合えませんから。
(望月)何が「目を見りゃ分かる」だよ。
カッコつけんじゃねえよ。あんなのどうせ口だけだろ。
先公なんて みんな同じだからな!
でも… 大丈夫か? 怜太。
あいつら かなりヤバい連中だぞ。
何回も警察にパクられてるらしいし。
マジかよ?
絶対 また来るぜ。ヤベェよな。
□今度3Dの生徒達があんな連中とトラブルを起こしたら辞めていただきますよ!□
□クビを怖がってちゃ生徒達と向き合えませんから□
おい どこ行くんだよ?
奴らとケリつけて来る。
ムチャだよ そんなの!半殺しにされちまうぞ。
山口に借り つくりたくねえから。
はい 授業始めますみんな 席 着いて。
どうした?
高杉が… 出てった。
暴走族とケリつけて来るってよ。
無謀だよなあんな奴らの相手しちゃって。
望月 武藤 松下 五十嵐何で行かせたんだ?
どうして1人で行かせたりしたんだよ?
どうしてって…。
あいつらハンパじゃねえらしいし。
お前ら ダチじゃねえのかよ!?
ヤンクミ! おい!
「ダチだ 仲間だ」なんていわれても最初は意味分かんねえしうざってぇって思うだけだもんな。
俺らも そうだった。
けど 今は よく分かる。
あいつが教えてくれたこと。
都合のいい時だけ「ダチだ」なんていってんのはそんなのは本当の仲間じゃねえって。
どんなことがあっても最後まで一緒にツルんで見捨てねえのが本当の仲間だ…ってな。
どうする?
どうするっつったって…。
いい度胸してんな1人で乗り込んで来るとは。
タイマン?
俺が勝ったらもう俺らには近づくな。
二度と学校に来たりすんじゃねえぞ。
おい お前ら聞いたか?
ハハハハハ!
笑ってんじゃねえよ!
悪いけどタイマンなんてする気ねえから。
(バイクの走行音)
♪~
♪~
♪~
(壁を叩く音)
(壁を叩く音)
(壁を叩く音)
返してもらおうか私の大事な教え子を。
誰だ テメェ!
私は その子の担任の先生だ。
先公?
♪~
随分 派手にやってくれたじゃないか。
たった1人の高校生相手に寄ってたかって ここまでやるとは見下げた奴らだ。
教えてやったんだよナメた態度とると痛い目 見るってな。
それが世の中の常識ってもんだろ。
笑わせんじゃねえ何が世の中の常識だ。
そんなもん これっぽっちも分かってねえ奴がでけぇ口 叩いてんじゃねえぞ!
何だと こら…。おりゃ~!
いっても分からねえなら仕方ねえな 相手してやるよ。
いっとくけど 私はかわいい教え子 守るためなら手加減しないよ。
♪~
♪~
小田切!
ケンカってのはな素手でやるもんなんだよ。
♪~
まだやるか!?
♪~

小田切… ありがとな。
別に。
・怜太!・・怜太!・
大丈夫か?
大丈夫だよ。
ごめん 怜太だけこんな目に遭わせて。
ホントにごめん!
もう気にすんなよ。
お前ら…。
これで やっと本物の仲間になれたみたいだな。
…ったく ムチャしやがって。
お前こそケンカする先公がいるかよ。
ここにいるよ。
ケンカってのはな 大切なものを守る時にするもんなんだ。
大切なもの?
ああ。
私にとっては お前達だ。
生徒 守れなきゃ先公じゃないからな。
よし みんな夕日に向かって走るぞ。
はぁ?
みんな私に しっかり ついて来いよ!
お前ら 私について来いよ!
わ~い!
変な先公。
変だよな でもあんなに うざってぇぐらい真っすぐ ぶつかって来る先公他には いねえよ。
…ってか 夕日じゃねえし。
(警官) 待ちなさい!
(警官) 待て!
(パトカーのサイレン)
(パトカーのサイレン)
おはようございます!おはよう!
おはようございます!おはよう。
うっす!うぃ~っす!
おはよう!
おはっ!
望月 松下 五十嵐 武藤…。
何だよ?
お前ら 今 私に挨拶したのか?
お前しか いねえだろ。
悪いかよ?
そうか!
ついに お前らとも心通い合う時がやって来たのか…。
これからはきっと こ~んな毎朝が…。
□おはよう□
□おはよう! ヤンクミ!□
□おはよう□
□おはよう! ヤンクミ!□
□おはよう!□
□おはよう! ヤンクミ!□
□おはよう みんな□
□私の愛する生徒達□
信じてたよ 私は!こんな爽やかな朝が来ることを!
職員朝礼の時間遅れんじゃねえの?
ヤバっ!
お前らも遅刻すんなよ!
自分だろ。
何度も申し上げておりますけども私が校長になりましたからには先生方には生徒達に対して常に厳しい教育態度をとっていただきたいと考えております。
1学期も残りあとわずかとなりました。
本日より 学期末試験1週間前ということで短縮授業を始めますが生徒の中には その期間の意味をはき違えている者が多々おります。
貴重な時間を遊びに費やし揚げ句の果てには非行に走ってしまう。
そういう生徒が出ないように先生方にはくれぐれも注意のほどをよろしくお願いいたします。
ところで 先日『荒高』の生徒の中で覚せい剤所持で逮捕された者がいるそうです。
覚せい剤!?
や… 山口先生!?
あ…!
バ~カ…。
遅刻ですよ。申し訳ありません!
そんなことよりも…。「そんなことよりも」って…。
高校生が覚せい剤ってただ事じゃありませんね。
山口先生 教師が遅刻…。最近は 高校生 大学生からねごく普通の主婦まで手ぇ出してるらしいじゃないの。
そうなんですか?教師が遅刻…。
怖さも知らずに軽い気持でやるんでしょう。
まったく 何考えてんですかね。
いや 教師が…。気づいたら心も体もボロボロっていいますね。(鷹野) 怖いですよね。
(牛島) 背後に大きな密売組織があるようですよ。
そんなのは勘弁ならねえ!
クスリを売り飛ばして金儲けするなんて渡世の仁義もあったもんじゃねえ!
渡世の…。仁義?
山口先生!そんな あこぎなマネをして金儲けしようとする奴ら絶対 許しちゃおけねえ!
お前 仁義とかヤベェんじゃねえの?
あ?
あ… あの…。
失礼します。
ちょっと どちら様ですか?今 朝礼中なんですけどね…。
白金署のものですが。あ… 警察の方?
風間が 覚せい剤!?
何かの間違いですよ。
あいつは そんなことするような奴じゃありません。
そうですよ 絶対 間違いです!
昨夜 品川の倉庫で覚せい剤の取引があるという情報が入ったんです。
(刑事の声)現場に駆けつけたところ…。
(刑事の声)犯人達には逃げられた後でした。
しかし 証拠とそれから財布が落ちていたんです。
□班長□□ん?□
(刑事の声) それが風間 廉のものだったんですよ。
だからといって 風間が犯人だとは限らないんじゃないですか?
そうですよ!
しかし 風間 廉は昨夜から行方が分からなくなってるんです。
(松下)大変だ! おい みんな! 聞け!
(五十嵐) 風間先輩が 警察に追っかけられて逃げてんだって。
はぁ?何やったんだよ?
覚せい剤の密売とかいってたけど。
ウソだろ?
わが校の卒業生から犯罪者が出るとは…。
まだ決まったわけじゃないですよね。
うん… それは そうだけどね。
残念だけど…間違いないと思います。
私も… そう思います。
19歳といえばねまだまだ子供ですから甘い話に誘われて過ちを犯すこともね。
あり得ませんよあいつに限って そんなことは。
山口先生 「ウチの子に限って」ってそういうの一番危ないんですよ。
第一 何もなきゃ行方くらましたり しないでしょ。
きっと何か訳があるんですよ。
きっと…。
小田切 あいつらのこと頼む。
え?
山口先生 まさか捜しに行くわけじゃないでしょうね?
風間は もうあなたの生徒じゃないんですよ!
いいえ。
あいつは 私の教え子ですから。
山口先生!(馬場) 山口先生!
山口先生!
□(音声ガイダンス) ただ今電話に出ることができません。
風間…。
♪~

♪~
♪~お前ら…。
♪~
クラから聞いた 廉のこと。
今朝 会社に警察来て大問題になっとって。
廉 会社クビになってしまうかもしらん。
そんな…。
廉は 警察に追われるようなことする奴ちゃうやろ。
何か 逃げなきゃヤバい理由があるんだよ きっと。
そうだよ。あり得ねえよ。
俺ら… 廉のこと信じてっから。
廉は俺達の仲間だから。
早く 見つけてやろうぜ。
お前ら…。
よし! 行くぞ!
お~!
♪~
♪~
♪~あっちや!
♪~
♪~神谷 あっち頼む!
♪~
♪~ふた手に分かれるぞ。
♪~
・高杉!・
お前達 風間 見なかったか?
いや 見てねえけど。風間さん ヤベェんだろ?
あいつは何にもやっちゃいないよ。
見かけたら 私に連絡くれよなよろしくな。
頼むぞ。頼むな。
♪~
♪~よし 手分けして捜すぞ!
♪~
□(振動音)
□(振動音)
♪~
□(音声ガイダンス)電話に出ることが…。
風間 どこにいるんだ?
♪~
結局 帰って来ねえじゃんかよ。
(物音)
(物音)

何があったか知んねえけどさヤンクミにだけはちゃんと話してやれよ。
あいつには迷惑かけらんねえよ。
あいつは もう俺の…。
「先公じゃ ねえ」か。
あいつは そんな奴じゃねえよ。
お前さ 他に行くとこあんの?
ここしか なかったんじゃねえの?
3番目のキーワードは…。



風間!
(本城) 廉!(緒方) 廉!
よかった…。
何で 何もいわないで逃げてんだよ! 俺ら ダチだろ。
心配したぞ。何で電話ぐらい…。
(神谷) 何もいわねえなんて寂し過ぎんだろ。
(緒方)1人で抱え込むんじゃねえよ。
風間 ケガしてるじゃないか…。
(風間) 大丈夫だよ。
風間…。
どうして頼ってくれないんだ?
何でだよ? 何で黙ってるんだ?
ヤンクミには 迷惑かけれねえって思ってんだよ。
え?
警察沙汰に巻き込まれたっていったらお前 必死になんだろ。
それ分かってっから何もいえなかったんだよ。
そうだろ?
風間?
俺… 高校ん時に散々 迷惑かけたのに卒業してからもこんなふうになっちゃって。
何か 合わす顔ないっていうか…。
いいか 教師ってのはな教え子に迷惑かけられてなんぼなんだよ。
けど 俺はもうお前の生徒じゃねえよ。
お前は…。
私の大事な教え子だ。
確かに今はここの3Dの生徒達の担任だ。
けどなここから卒業した お前達もこの前の学校で教えた生徒達もみんな 大事な教え子なんだ。
それになお前は1人じゃないんだぞ。
こいつらだけじゃ ない。
他の3Dの奴ら全員 必死にお前のこと捜してくれたんだぞ。

ごめん…。
みんな…。
ホントに ごめん… ごめん…。
(風間) ごめんな…。
俺さ友達に 割のいいバイトがあるって紹介されたんだよ。
(風間の声) 荷物 受け取って指示された場所に持ってくだけだっていわれたんだけど何か怪しくてさ。
(寺田)□おい こっちだ□
□中 見せろ□
□箱の中も見せろ□
□はい□
□車 運べ□□はい□
□すいません!□
□テメェ 何やってんだ!□
□あの もしかして これって何かヤバい仕事なんじゃ…□
□俺 やめます□
□俺は こんなヤバいもん運んでるなんて思ってなくて…□
□おい!□
□おい お前 金欲しいんだろ?□
□ひと晩で3万円なんて金もらえんのはなヤバい仕事に決まってんだろうが! あぁ!?□
□今さら遅ぇんだよ□
□お前は犯罪の片棒担いじまったんだからな□
□すいません…□
□おとなしく言うこと聞いてりゃいいんだよ!□
□□着信音□□寺田さん□
□□着信音□
□はい… 分かりました□
□サツが来る 逃げるぞ!□
□パトカーのサイレン□
(風間の声)情けねえけど 俺 怖くってさ。
どうしていいか分かんなくて…。
何で そんなバイトしたんだよ?
金欲しかったんだよ。
金?
俺が働くようになったら…姉貴に楽な思いさせてやれると思ったんだよ。
だけど給料もらってみたら全然でさ。
だから…ひと晩3万円って聞いて飛びついちゃったんだよ。
ホント バカだよな。
いいか 風間。
金を稼ごうとすることは悪いことじゃねえよ。
けどな 楽して大金が手に入るほど世の中 甘くない。
金は大事だ。
けど 全てじゃ ない。
それだけは 肝に銘じとけよ。
お前らもな。
ああ。
よし。
風間は ウチに来い。
しばらく いればいい。
(本城) やっぱ ヤンクミってスゲェよなぁ。
あんな先公ホンマにおらへんよな。
全然 変わってへんしな。
相変わらず色気もねえしな。
ヤンクミはさ…やっぱヤンクミだよな。
お前にまですっかり面倒かけちまったな。
別に。
それじゃ。
小田切。ん?
お前も何か悩んでるみたいだけど…。
別に… 俺は 何も。
そうか。
(てつ) お嬢 寺田って野郎のこと分かりました。
お嬢が言う通り覚せい剤で荒稼ぎしてるようです。
やっぱり そうか。
自分達が捕まらないようにブツの受け渡しは風間達みたいな若い奴らを使って運んでいたそうです。
ひでぇ野郎ですよ。
まだ世間もよく分かっちゃいない若い奴らを金で釣って犯罪の片棒を担がせるなんて。
けどな 久美子その男の後ろには黒幕がいるんだ。
黒幕?
(ミノル) こいつのようです。
黒瀬健太郎…。
□何としてでも…□
(若松の声)表向きにはクリーンなビジネスで成功してるように見えますが裏じゃ とんでもねえことを。
(黒田の声) 権力を手に入れてもっと金儲けしようってわけだ。
こんな野郎が政治家になろうだなんて…。
許せねえ。
♪~

(黒田)・1人でどこ行くつもりだ?・
オメェが 生徒さんのためにやることには口出しするつもりはなかったがな今度ばかりは 相手が相手だ。
下手すると オメェ先生 続けられねえかもしれねぇんだぞ。
それでもいいのか?
私の大事な教え子を悪事に引きずり込んで金儲けをしようとした奴らを許しちゃおけないから。
久美子!
私は 生徒達にいろんなこと教えて来た。
「ウソをつくな」。
「正々堂々 胸張って生きろ」。
その私が黒瀬の正体を知っていながら知らん顔はできないよ。
そうか。
お嬢 大変です。あいつらが いません。
え?
♪~
ここか。
(本城) でっけぇな。
ここに 何か証拠があるはずだ。
ああ 何が何でも あいつらの尻尾つかんでやろうぜ。
でもよ どうやって中に入る?
警備も厳しそうだしな。
何や? あれ。
(リポーター) 本社前に やって来ましたまもなく こちらで 黒瀬□の…。
(市村) 「出馬決起集会」?
裏に回んぞ。
緒方 何してるんだ?今 どこにいる?
□(緒方) 黒幕んとこだよ。
何!?
(緒方)黒瀬健太郎が 黒幕なんだろ?
□ バカ野郎!今すぐ帰って来い!
あっ! あの車…!(市村) 静かにしろ…!
今だ!
もしもし!
…ったく勝手なこと しやがって!
♪~
♪~閉めろ 早く!
♪~
♪~小田切!
♪~
♪~行くんだろ?
♪~
4番目のキーワードは…。


山口の奴休みだなんて珍しくね?
小田切も休みだし。
変だよな。
なぁ 怜太 風間さんのことで何かあったんじゃねえ?
私の後ろをご覧ください。
黒瀬□が いよいよ政界進出…。決起集会の会場に…。
出馬を表明している…。衆議院議員選挙に向けまして…。
(土屋)もらいました… すいません。
すいません… すいません。
あっ!
ヤンクミ! 竜!
ツッチー…。
土屋! お前 何やってるんだ?
働いてんだよ カメラマンの助手。
そうか。
まぁ 一人前にはまだまだってとこだな。
ツッチー 悪い 後で話すからさ行くぞ 早く!
悪い!
黒瀬健太郎□の出馬決起集会が間もなく始まります。
□ 会場には多くの支持者が続々と詰めかけています。
今のって…。
何で こんなとこにいるの?
□ 続々と詰めかけています。
あれ? 今 山口先生と小田切君映ってませんでした?
やっぱり今のそうですよね?
そんなわけないですよ今日は2人とも風邪で休んでるんですから気のせい 気のせい。
そうですよね 違いますよね。違う 違う。
ハハハハハ!
遅いな 小田切…。
お前だよ。
おい 覚せい剤なんてどこにも ねえじゃねぇかよ。
こんだけ探しても ないんやったら別のとこちゃうか?
っていうか ここ どこ?俺ら 迷ったんちゃう?
っつうかホントに黒瀬が黒幕なのかよ?
隠れろ!
あいつだ…。
さぁ 間もなく注目の黒瀬健太郎□の衆院選出馬表明 決起集会が始まるもようです。
政界進出をするIT業界の風雲児が一体どんな発言をするのか完全生中継でお送りします。
黒瀬! 黒瀬! 黒瀬! 黒瀬!
(拍手と歓声)

あいつら どこ行っちまったんだ?
□(黒瀬) ありがとうございます!ありがとうございます!
□ どうもありがとうございます!
始まったみたいだな。
(緒方) 何もねえな。

この箱…。
□箱の中も見せろ□
(緒方) 廉!(本城) 廉!
どうした?
ちょっと…!うわっ!
やっぱ あったな。
ってことは これ全部か?
これで 黒瀬の正体全部 暴けんな。
(寺田) ・誰だ お前ら!・
おい… 風間!!
ここを知られちまった以上帰すわけにはいかねえな。
皆様 本日は お忙しい中お集まりいただき本当にありがとうございます。
(拍手)
(オーロラビジョン) 皆様も ご存じの通り私は高校時代 道を踏み外し警察のご厄介になったこともございました。
しかし 今では 皆様はじめ多くの方々のご支援のおかげでこうして世間に顔向けができるようになりました。
(拍手)
♪~
ガキが余計なことするんじゃねえよ。
♪~
(緒方達) ヤンクミ!
お前ら 大丈夫か?はい。
…ったく ムチャしやがって。
悪ぃ。もうアカンか思った。
俺 チビりそうやった。
□(黒瀬) 世界を変えるんです!
□(黒瀬)若者が夢を持てる社会に!
□ キャッチ ザ ドリーム!
□(支持者達)キャッチ ザ ドリーム!
黒瀬… 絶対 許さない。
こっから先は 私に任せろ。
何いってんだよ。
お前達をこれ以上 危険な目に遭わせるわけにはいかねえんだよ。
けど…。
小田切 こいつらのこと頼んだぞ。
ああ。
ヤンクミ!
何で1人で行かせるんですか?
このまま ほっとけっていうんですか?
俺達は 俺達にできることやりゃいいんだよ。
落ちこぼれて 不良のレッテルを貼られた私だからこそできることがありますそれは 教育現場の改革です。
今の この荒れた世の中何よりも まず教育が大事なんです!
人を思いやる心を育てるには親 教師 そして我々全ての国民が 心を1つにしなければなりません!
(ドアが開く音)・笑わせんじゃねえよ!・
♪~
何が「人を思いやる心」だ。
どなたですか?
私?
私は ただの高校教師だよ。
♪~
表じゃ もっともらしいこといって裏では あくどいことやって金儲けしてる奴が教育だの 心だの そんな言葉使う資格があんのかよ!
♪~
何か いいたいことがおありのようですね。
山口先生…。
ウッソ~…。
あ~!
これ これこれ… 山口じゃねえ?
(五十嵐) 山口!
何やってんだ あいつ!おいおい ヤバくねえ?
行くぞ!
お嬢…。
・片山!・
松方!
行こうぜ!ああ!


よくも私の大事な教え子をあんたの汚い金儲けのために利用してくれたな。
申し訳ありませんが何のことか 私には さっぱり…。
とぼけてんじゃねえよ!
黒瀬さん あんたの正体は覚せい剤密売組織の黒幕だ。
(ざわめき)
残念ながら これ以上あなたのお話を伺うのはこちらに お集まりの皆さんに迷惑です。
お引き取りいただいて。
(オーロラビジョン)突然ですが 大スクープです。
こちら ドリームアソシエイツビルの地下室でとんでもないものを発見しました。
ご覧ください!
(オーロラビジョン:風間) なんと これ全部覚せい剤みたいなんです!
どうやら ここは 覚せい剤密売の本拠地のようです!
これ全部 覚せい剤ですよ!
ツッチー サンキュー。
(ディレクター)よ~し このまま中継 続けるぞ。
はい!
土屋 お手柄だ。
♪~
あいつら勝手なことしやがって…。
どういうことだ…。
(オーロラビジョン)さらに もう1つ ヤバいものを見つけました こちらへ!
この方達は黒瀬さんの会社の人達です。
(オーロラビジョン) この方達は なんと拳銃を持ってます!
(オーロラビジョン:市村)ホンマに物騒ですよ。
会場のみんなも 気ぃつけや!
他にも拳銃持ってる奴絶対いますよ!
(どよめき)
・拳銃だ!・
(悲鳴)
(黒瀬) ちょっと…ちょっと落ち着いて!
皆さん 落ち着いて!落ち着いてください!
落ち着いて! 落ち着いて!
これは何かの間違いです!何かの間違いです 落ち着いて!
♪~
行くぞ!♪~よし!
♪~
・何だよ あれ・・何だ?・
どうして こんなことに…。
貴様… ふざけやがって…。
それが あんたの本性か。
(黒瀬) やれ。
♪~
♪~
危ねぇ!
♪~
小田切! お前 どうして!?
やっぱ ほっとけねえだろ。
小田切!
このガキがどうなってもいいのか!?
ヤンクミ 俺のことは ほっといて早く そいつら ぶっ飛ばせ!
うっ! うっ!
ヤンクミ!
早く ぶっ倒せよ!
う~っ!
おい! やめろ!
うあ~っ!
♪~
やめろ~!!
・俺達の先公に手ぇ出すんじゃねえよ!・
お前ら…。
何だ? お前ら。
俺達は… そいつの教え子だよ!
麗しき師弟愛か。
痛い目に遭いたくないだろさっさと消えろ。
冗談じゃねえよ!
ヤンクミ 見捨てるわけにはいかねえんだよ!
たった1人の大事な先公なんやぞ!
ヤンクミが おったから!今の俺らが おるんや。
俺達全員あんたの相手になってやるよ!
うおっ!
俺達はなヤンクミに教わったんだよ。
大切なものを守るためには闘うって。
だから俺達はヤンクミを守るためにあんたらと闘うんだよ!
来るんじゃねえ!!
こんな奴ら相手にするんじゃねえ。
お前らは 私の大事な教え子だ。
これ以上 危険な目に遭わせるわけにはいかねえんだよ。
お前が やられてんの黙って見てるわけいかねえだろ!
来るんじゃねえっていってんだろ!!
ここで問題 起こしてこんな薄汚ねぇ奴らのためにお前らの未来が壊されてたまるか。
お前らは 私の夢なんだから。
♪~
♪~
♪~
♪~まだ やるか?
♪~
(黒瀬) ちょっと待て! おい!
おい! 逃げるな! おい!
残るは黒瀬さん あんただけだな。

拳銃です! どうやら黒瀬□は拳銃を持っていたようです!
これでは 警察は中に入れません!
山口…。
♪~
どけよ!♪~俺達の先公がいんだよ!
♪~
♪~ヤンクミ…。
♪~
♪~ヤンクミ…。
♪~
♪~ヤンクミ?
♪~
♪~ヤンクミ…。
♪~
♪~山口先生!
♪~
俺が築き上げて来たものを何もかも壊しやがって。
あんたが築いたものなんかもともと何の価値もないんだよ。
何の… 価値もないだと?
人を犠牲にして儲けた汚ねぇ金なんかいくらあろうが関係ないんだよ。
きれい事いうな!
どんな金だろうがな 金は金だ。
そんなに金が大切か?
しょせん 世間っていうのはな金のある奴にしかついて来ないんだよ。
その証拠に金が増えれば増えるほど周りに人も増えた。
金があれば…何だって手に入るんだよ。
確かに 今の世の中 大抵のものは金で買えるかもしれない。
けど 金じゃ人の心は動かせない。
心?
あんたの手下達はみんな逃げたじゃないか。
けど こいつらは違う。
拳銃持ったあんたがいても一歩も引こうとしない。
あんたが言う通り確かに金は大切だ。
けどな もっと大切なことがあるんだよ。
仲間とか 家族とかそんな人のために 働いて 稼いで一緒の時間を過ごすそういう幸せってもんがな。
そんな ちっぽけな幸せ…。
幸せに小さいも大きいもねえんだよ!
幸せってのはないつでも お天道さまに向かって胸張って生きて行けるもんなんだよ。
金なんかじゃ買えないんだよ。
長い人生笑えない時だってあるだろう。
そん時は諦めないで踏ん張ればいい。
やっちまった失敗を本気で後悔してイチから やり直す勇気さえあれば…人は幸せになれる。
私の教え子達はそうやって生きてる。
みんな 昔のあんたと同じだ。
どうしようもないはみ出し者ばっかりで。
今だって 仕事で失敗したり会社をクビになったり金で困ってたりうまく行ってない奴だっているだろう。
けど みんなしっかり胸張って生きてる。
何でか分かるか?
あいつら みんな大事なもんを持ってるんだよ。
心ん中で つながってる仲間っていう宝物をな。
♪~
♪~
♪~
♪~(警官) 動くな!
♪~
撃つな!!
チャンスを奪わないでやってくれ。
罪を償ってもう一度やり直すチャンスを!
♪~

ヤンクミ!
お前ら…。
お前ら… 幸せ者だな。
こんな先公と会えて。
ヤンクミ!
大丈夫だ。
(怜太) ・山口!・
(生徒達) ・山口!・
山口!山口先生!
高杉…。
お前ら 来てくれたのか。
バカなこと してんじゃねえよ。
お前 先公だろ!
土屋…。
ありがとな。
♪~
♪~
♪~ありがとな。
♪~
♪~ありがとう。
♪~
♪~お前ら みんな♪~私の最高の教え子だ。
♪~
あれ 俺の高校ん時の♪~先公なんっすよ。
♪~
♪~ヤンクミ…。
♪~
♪~俺も負けてらんねえな。
♪~
あ~… 絶対 理事長や校長に怒られるだろうなぁ。
しょうがない ここは ひとつ素直に わび入れるか。
お前…!
(南) よう ヤンクミ!
南!
元気だったか?ああ 何とかな。
ってか 見たぞ冷や冷やしたけどヤンクミ 全然変わってなくて嬉しかった。
何いってんだよ!
高校の頃 思い出してさ。
俺もまだまだ頑張んなきゃなって思った。
そうか。
あ… 仕事 行かなきゃ。
ヤンクミ またな!
じゃあな! 頑張れよ!
・南の奴 相変わらずだな・
だよな。
野田!?
(野田) よう 久しぶり。
久しぶりって…どうしたんだよ お前まで!
別に… 多分 南と一緒。
え?
何か 仕事で行き詰まったりしてたんだけどこんなとこでへこんでらんねえなって昨日テレビ見て思ってさ。
それ 伝えたくて。
野田…。
じゃあな。
あぁ じゃあな。
あ…。
やっぱ…ヤンクミは自慢の先公だよ。
じゃあな! 頑張れよ!
♪~


内山!
(内山) よう!
へぇ~ 南と野田も来たんだ。
ああ。
ったく お前ら 揃いも揃って。
俺達だってお前の教え子だからな。
え?
ヤンクミの言葉ってさ意外と腹にズン!と来んだよ。
俺 いまだに思い出したりすんだからさ。
そうか。
ヤンクミはずっとヤンクミでいろよ。
内山…。
じゃ 今日も一日 頑張りますか!
ヤンクミも頑張れよ。
(内山) 悪い悪い!うっす!
じゃあな 内山!
ありがとな!

ファイト~ お~!
おはようございま~す。
山口先生!
申し訳ありませんでした!
あなたはわが校の誇りです!
は?
あなたのように情熱を持って生徒達を指導する部下がいることは校長にとって何よりの喜び!
□(ベル)(牛島) ありがとうございます!
(鳩山) はい もしもし『赤銅学院』でございます。
どうしたんですか?
山口先生!電話 鳴りっ放しですよ。
メールもジャンジャン届いてるんですよ!
感動した!って全国から。
『白金』や『黒銀』の生徒達からも来てますよ。
(牛島) もうね わが校の名前もこれで全国区です… また来た!
来年は きっとね 入学希望者増えると思いますよ!
これも山口先生のおかげですね。
さすが山口先生!
そんな 私のおかげなんてとんでもない!
・そうですね・
理事長!
(赤城) どんな理由があれ生徒をあんな危険なことに巻き込むようでは教師として未熟といわざるを得ませんね。
はい…。
今後も一層 精進してくださいよ。
フフフ…。
ホントに ムチャなことをする人ねフフフ…。
はい。
あ ちょ… あ ちょ…ちょっと待ってください。
山口先生『週刊タイムリー』がですね取材をしたいといって来とるんですけども…。
取材?え~ いいな 私も雑誌に出たい!
(鮎川) みんなで 同僚ってことで出させてもらおうよ!
ちょっと待ってください!
そんな勝手に盛り上がらないでくださいよ。
出ましょうよ!山口先生! 山口先生!
調子に乗っちゃマズイでしょ。
あ…。
くれぐれも ご実家のことは世間に知られないように。
分かってますよ。ホントに分かってんですか?
分かってますったら分かってます。
私 これ 何回いいました?分かってますって!
しつこいな 教頭も…。校長です。
分かってますよ!分かってないじゃないですか!
♪~
今日で 教育実習 最後だな。
お世話になりました。
お前本来なら母校へ行くところを『赤銅学院』へ行きたいって頼み込んで来たんだってな。
え?
で? 何か見つかった?
教師ってのも悪くねえのかもなぁって…。
そうか。
ありがとうございました。
うん…。
うん…。
え~ 今日は 小田切先生の教育実習 最後の日です。
(せき払い)
え~…。そこで思い出づくりってことでみんなで缶蹴り大会をやりま~す!
はぁ?
はぁ?
お前ら 行くぞ~!
グラウンドに集合だ!
しょうがねえだろ!
よっしゃ~!
お前ら 鬼! イェ~イ!
いないな~。
うわ~ 見っけ!
お~い! お前ら 見っけ!
ちょ… ちょ…。
あ~!
見っけ!
山口先生!
見っけ!あ~ もう!
山口先生!
見っけ!
♪~
1・2・3…。
ヤンクミ。え?
ありがとな。え? 何?
何でもねえよ。
小田切!
あ?
何か困ったことがあったらいつでも また来いよ。
私は ず~っと死ぬまでお前の先生だからな。
ああ。
あっ 危ねぇ ヤンクミ!
ヤンクミ?
ヤンクミって呼んでくれたのか?
痛っ!
ハハハハ!何やってんだ お前!
どんくせぇよ!
よ~し お前らあの夕日に向かって走るぞ!
よっしゃ~!
お~!
だから夕日じゃねえっつうの。
♪~
♪~
♪~お~い!
♪~
♪~頑張れ~!
♪~
♪~青春だよな~!
♪~
みんな! 私に しっかり♪~ついて来るんだぞ!
♪~お~!
♪~
♪~
♪~
♪~
♪~
♪~
♪~
♪~
♪~
皆さん 『ごくせん THE MOVIE』いかがでしたか?
あんなにジャージを着ていたとは…。
今思っても よくあの数を着こなしていたなと思いますが。
懐かしい生徒の顔ぶれも見れてすごく嬉しかったです。
さて…。
<ここで…>
<『ごくせん』シリーズのDVDボックスをすべてセットにして10名様にプレゼント>
<これまでに登場した4つのキーワードとこれから発表する最後のキーワードをつなげて『金曜ロードショー』ケータイサイト またはホームページから ご応募ください>
いや~映画って本当にいいものですね。
<主演 大沢たかお 田中麗奈>
<地上波初登場の心温まる感動作どうぞ お楽しみに!>
<それでは最後のキーワードの発表です>
最後のキーワードは…。
…です!
たくさんのご応募お待ちしています。
------------- dekawanko #9


(鐘の音)
(小松原) 残念だよ チャンコ。
(重村) 無念だろうな チャンコ。
(門馬) 成仏しろよ チャンコ。
(柳) ずっと忘れないよ チャンコ。
(デューク) フォーエバー チャンコ。
(桐島竜太)ありがとう チャンコさん。
(花森一子) 今週も冗談から始めるんですか?
(小松原) お前こそ 墓参りにその格好… まぁ いいか。
今日は チャンコさん…じゃなくミハイルの命日ですから。その言い方も誤解されるだろ。
チャンコさんの大腸ポリープの手術は 無事に成功。
すでに退院し 自宅療養中です。
誰と話してんの?
気にしないでください。
(門馬) おっ 田村さんが来たぞ。
ミハイル~!
(デューク)ワ~オ ミハイル生きてますよ。
(重村) 何 勘違いしてるんですか今日は ミハイルの父親の命日ですよ。
ミハイルダディー!
ミハイルはミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアー・ゾーン。
ミハイルダディ-はミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアーです。
(田村) 13係の皆さんありがとうございます。
いえ 在庁番ですから。
(田村) ミハイル。
ミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアーは私が警察犬係になって初めて担当した犬です。
二人三脚一生懸命 頑張って来た大切な相棒でした。
相棒?相棒?
(田村) ミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアーもミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアー・ゾーンもどんな時も 私を信じてついて来てくれます。
裏切りません。
深い信頼関係があるからこそ私は 「相棒」と呼びます。
素敵です 田村さんもミハイルもミハイルダディーも素敵です。
1996年から2006年享年10歳か。
10歳…。
警察犬は 過酷な任務のため普通の犬より寿命が短いんです。
ミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアー・ゾーンはいくつなんですか?
今年 8歳です。8歳って…。
警察犬は その短い人生…あ いや犬生を捧げてくれてるんだ。
ミハイル・フォン… 何ちゃらの…。ちゃんと お願いします。
ミハイル・フォン… アルト・オッペンバウアーの冥福を祈ろう。
♪~
ありがとうございます。
よかったな ミハイル。
(門馬)よし じゃ 飯でも食いに行くか。
キリ 車 回してくれ。はい。
(吠え声)
お?(吠え声)
お前に何か いいたそうだぞ。
ワンコ 犬と話せんだろ?聞いて来いよ。
パトラッシュとは話せますけど。
(柳) 「パトラッシュ 疲れたろ?僕も疲れたんだ。
何だか とっても眠いんだ」。
寝れば?
痛ってぇ!
ミハイル 「花森さんに負けたくない」っていってます。
私も負けたくありません。
あっ ちょ… ちょっと!(重村) ムキになるなよワンコは 警察犬じゃなくて刑事なんですからね。
分かってますけど。あっ 電話だ。
花森さん パス。□(着信音)
はい 田村です。
あ… できれば 今日は休ませてやりたいんですが はい。
昨日 山狩りで 寝ずに探索して…。□(着信音)
(門馬) 13係 門馬。
同じ。あぁ 分かった。
殺しだ。来た~。
(小松原) 現場 行くぞ。はい。
ミハイル 出動します。
(鳴き声)
行こう ミハイル。
(吠え声)あああ…!
♪~
(パトカーのサイレン)
(カメラのシャッター音)
(小松原) よし。
(刑事) ご苦労さまです。どうも。
凶器は 鋭利な刃物まだ発見できていません。
被害者は 東海林 肇さん。
チバ商店会で洋品店を経営しています。
分かりました 引き続き周辺の捜査よろしく。はい。
(柳) 足跡が2種類ありますね。
1つが被害者のものだとするともう1つは犯人の可能性が高いですね。
田村さん におい残ってますかね?
大丈夫だと思います。
犯人の足取りを追います。お願いします。
ミハイル 嗅げ。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)おい ワンコ ワンコ 待て!
待て!しょうがねえな。
ワンコも嗅げ!嗅いで。
はい!
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
なるほど なるほど。(においを嗅ぐ音)
行けます。よし 行け デューク ついて行け。
デークです あ~…。あ 間違えた いいから 行け。
デュークか?
(田村) よし ミハイル 捜せ。
(小松原) ヤナ ミハイルに ついて行け。喜んで。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
ちょっと コマさん何やってるんですか?
いや ホントににおってんのかな? これ。
ちょっと調べてみたんですけどにおいが足跡上に残っている時間は…。
・足形採取 入ります・お願いします。
靴の種類 人通りなどで変わって来るみたいです。
(小松原) へぇ~ それを嗅ぎ分けるのか。はい。
犬は人間が感じるギリギリの においを100万倍に薄めたものを嗅ぎ分けられるそうです。
説明は いらねえから 捜査しろ。はい。
(においを嗅ぐ音)(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)(においを嗅ぐ音)
ワンコ…Where are you going?
(デューク) ワンコ?お前 ついて行けよ。
(デューク) 痛ぇよ。(鳴き声)
ミハイル。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
♪~
(デューク) ヘイ コマさん? こっちね雪降って来ちゃったですよ。
もう帰っていいですか?Snowing snowing.
□(小松原)真面目にやれ バカ野郎!
□(通話が切れた音)コマさん シット!
(においを嗅ぐ音)
ワンコもう Go homeしましょう ワンコ。
うるさいな 黙ってて集中してるの。
もう 寒いですよ。
(においを嗅ぐ音)
どうしたんですかね?
ミハイル ここなのか?
(吠え声)
(においを嗅ぐ音)
ここです。
OK!
(においを嗅ぐ音)
決して 怪しい者では…どうぞ マダム雪ですので足元には 気をつけてください。
(においを嗅ぐ音)
ここの住人です。(においを嗅ぐ音)
Hello.
(においを嗅ぐ音)
やめろって不審者になっちゃうよ。
(吠え声)
♪~
(デューク) コマさん雪 雨になっちゃいましたね。
(小松原) もうすぐ やむよ。
203号室の住人は樋口啓一 27歳。
1人暮らしで 本屋の2代目です。
ワンコ 借りるぞ。
あ ちょっと 私が…。いいじゃねえかよ!
彼です。(小松原) ガイシャとの つながりは?
まだ分かりませんが 同じ商店街なので 顔見知りだと思います。
裏 取れ。はい。
He is comeback!(小松原) あいつか。
よし ワンコ 行け!はい!
ちょっと失礼しま~す。
(においを嗅ぐ音)
(樋口) 何ですか?
この人 犯人で~す!
はい。
(小松原) どうも こんにちは。
警視庁刑事部捜査一課第八強行犯捜査…。
おぉ!?(デューク) こらこら…!
動くな! 撃つぞ!
あっ 何だ 手かよ。ビビらせんなよ。
え~ 東海林 肇さん 殺害容疑で署まで ご同行願います。
はっ? 知らないって!
署で ゆっくり話 聞くから はい。
不当逮捕だろ!まだ逮捕は してねえんだよ!
でも とりあえず公務執行妨害で現行犯逮捕。
ほら。
(においを嗅ぐ音)
これこれ… 間違いない。
犯人逮捕されたそうです。
ミハイルが間違えた?
…ってことになりますかね~。
どうした? ミハイル。
昨日 山狩りでろくに寝てないからな。
え~と… じゃ 帰りますか。
ありがとうございました。
帰ろう ミハイル。
(鳴き声)
ミハイル?
(鳴き声)
被疑者 通りま~す道 空けてください。
被疑者 通りますあっ ご苦労さまで~す。
デューク 取調室へ お願いします。
偉そうに…。
彼が そうですか?
シゲさん サクっと頼みます。
フフフ…。
取り調べを担当します重村といいます。
誰でもいいよ。
どうして俺が 東海林さんを殺さなきゃいけないんだ?
シゲさん 遅くなりました。
大丈夫ですよ で どうでした?
東海林さんとは商店会の運営をめぐって対立してたそうですね。
よくあることでしょ?
そんなことで殺してたら世の中 殺人事件だらけでしょ。
じゃあ どうして逃げたんですか?
友人から借りた金を返してない…。
それで訴えられたかと思ったんだ。
(重村) そのことは後ほど お伺いします。
え~ じゃあ 昨夜 夜10時頃ってどちらに いらっしゃいました?
あ~ おいしい!
所轄の皆さ~ん もうお部屋の必要ないと思いま~す。
Yes! 事件解決です!
ワンコの鼻は すごいな~。でしょ? でしょ~!
ご褒美 何がいいんだ?
えっ じゃあ 新作の洋服。
お~ ヤナ ご苦労さん。お疲れさまです。
コマさん!ごまかさないでくださいよ!
バカ野郎! 刑事が犯人 捕まえるのは当たり前だろ。
何が ご褒美だよ。でも…。
ミハイル見てみろ裸で働いてんだぞ。
コマさんミハイルは ワンワンです。
ヤナさん また勝ちました。
ブイじゃねえよ!お疲れさまです。
おっ じゃあみんなで飲みに行くか。
いや… まだ 終わってないんだ。
彼は犯人ではなさそうです。
えっ?間違いないんだろ?
根拠は?
私の鼻です。
落とすのがシゲの仕事だろ。
シロをクロにするのは俺の仕事じゃ ない。
現行犯逮捕だったのかもしれないがちゃんと裏を取って来てくれ。
私の鼻を疑うんですか?
警察犬でさえその証拠能力について裁判所の判断はまちまちなんです。
ましてやワンコの鼻が唯一の証拠じゃとても送検なんか できませんよ。
でも…。(小松原) ワンコ。
分かったよ シゲ裏を取って来りゃいいんだろ。
おい。
(小松原) 行くぞ おら!
(田村) ミハイル。
どうした お腹へってんだろ?ん?
ミハイル…。
・柳警部 お願いします・
え~ 公務執行妨害の現行犯で逮捕した 樋口啓一ですが犯行時刻のアリバイが確認されました。
ウソ!?(小松原) ワンコ 座れ。
Sit sit.ヤナ サングラス外せ。
えぇ~!? 自分は?
東海林さんが殺されたのは午後10時前後ですがその時刻 樋口は居酒屋『ます家』で学生時代の友人5人と飲んでいました。
閉店の12時頃まで店を一歩も出ていません 以上。
確かなんですか?店には出入り口が2つあるけど店員の目を盗んで出入りするのは不可能だ。
そういうことだ ワンコ。
ちょっと待ってください。
(においを嗅ぐ音)
このサンダルは彼のものですよね? デューク。
Yes! 靴裏の模様が一致しました。
でしょ?においも一致してるんです!
犯人じゃないですか!
アリバイがあるんだっつってんだいいから座れよ。
みんな 見てんじゃねえかよ。でも私は このにおいをたどって彼のアパートに行き着いたんです!
ワンコ それが そもそもの間違いなんです。
凶器も発見されてませんし樋口啓一は釈放するしかありません。
釈放だな~ ワンコ。
えぇ~ コマさん!
「一度 釈放すると再逮捕は難しくなるぜ別件で引っ張っといたほうがいいんじゃねえか」…っていうセリフ期待してたんですけど。
そういった捜査スタイルは趣味じゃないんです。
だな ワンコ。
おぉ~ ワンコ ワンコ…大丈夫? 座れ座れ。
本部長釈放の許可をお願いします。
長時間 大変失礼しました。(樋口) ホントだよ~。
また 後日 何らかのかたちで謝罪ということを…。
お前か! においで俺を犯人扱いした奴は!
(刑事) 落ち着いてください。何が デカワンコだ!
ふざけんな! 真面目にやれ!
はぁ…。

(門馬) 警察 大失態!
(門馬)もう一度いう 警察 大失態!
はぁ…新聞の見出しが目に浮かぶ。
弁護士からも厳重な抗議があった。
我々の出方次第では訴訟も辞さないと。
(重村) すみません。
まぁ そっちのほうは私が何とかする。
真犯人 逮捕に向けて全力を尽くしてくれ!
はい!
ワンコ~。
ワ~ン…。
何だ その態度は。
お前は しばらく…。
短い間でしたがお世話になりました。
皆さんのことは一生 忘れません。
誰が「やめろ」といった。
クビじゃないんですか?
はぁ… しばらく自宅謹慎だ。
あっ あった。
分かりました。
♪~
うっし 行くぞ。はい。
すいません奥さんもう一度お話 伺っても よろ…。
最近亡くなった ご主人様に商店会のこと愚痴られたことありませんか?
あの すいません向かいの洋品屋のご主人が亡くなった件なんですけども。
おとうさん?何?
・捜査報告資料です・
・もう一回 ここを洗い直すんだ・
♪~
はぁ~…。
んっ パトラッシュ…。
□ 続いて 捜査情報漏えい事件のニュースです。
□ 2度にわたる暴力団関係者への捜査情報漏えい問題を受け松田警視総監が辞任会見を開きました。
(山田彦左衛門) 起きて来た一子ちゃんも…。シ~!
□(松田洋雄)再び暴力団関係者に捜査情報を漏らしていたという事実があったことは大変 遺憾に思い…。
□ 新体制の下改革を進めることがベストであると判断をしここに職を辞することにいたしました。
♪~
(ドアが開く音)
(五十嵐) やぁ。
どうした?
この前のことで接見禁止になってるかと思ったんです。
また会えて よかった。
はい。
ガラさんこれから どうするんですか?
粛々と裁判を受け 刑に服するよ。
警視庁内のスパイを摘発したってことで裁判に有利になりますよね?
拘置所から脱走したことで不利になるかもしれない。
ワンコ君には 本当に感謝している。
はぁ…。
ワンコ 返上です。
ん?
それは いただけないな。
確かに同じ においがしたんです。
それとも 私の鼻がダメになったのかな?
ダメなのは鼻かな?
えっ?
私が いったことを忘れてしまったようだね。
考えるな 調べろ。
鼻だけじゃ ない目 耳 手 足 口全部使って調べて 調べて 調べ尽くせ。
考えるのは その後だ。
そうですよね私 調子にのってました。
最近 ず~っとミハイルに勝ってたから。
現場百回 なっ ワンコ。
はい!
□(ベル)はい 13係。
□ 花森です。
どちらの 花森さんですか?
ボス!
花森一子です生まれ変わりました。
謹慎中ではなかったですか?
捜査 やらせてください!
ダメだ!
いいです!
もしもし コマさん今 どういった捜査してますか?
「どういった」って お前基本的な地取り捜査だよ。
凶器も まだ発見されてないし。
合流させてください!
ん~…。
やっぱり…。まだ 何も いってねえよ。
いいんですか!?ダメだ。
□(通話が切れた音)やっぱり。
□(通話が切れた音)
う~ん。
ボスの分からず屋。
コマさんの…。
コマさんの…。
どうしたんですか?
何となくミハイルに会いたくて。
訓練に参加してないんですね。
ミハイルずっと引きこもってます。
引きこもり?
そろそろ 潮時かもしれません。
それって…。
このところ花森さんに負け続けてるし。
疲れが たまってるのが目に見えます。
お気づきですか。
(においを嗅ぐ音)
えっ?(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
どうかしました?
焼き魚に カレーのにおい。
隣が大衆食堂なんです。
あっ 夕飯の時間ですもんね。
あっ そうだ。
田村さんもんじゃ食べに行きません?
(山田) はい やって…!ただいま~。
おかえり 一子ちゃん。
おばあちゃんもんじゃ食べたいんだけど…。
(山田小梅) あっ 部屋でやってよ。
一子ちゃんね さっき誰か来たから部屋へ通したよ。
えっ 誰?えっ え~っとね…。
あれ? こんな感じだったかな?こんな人。
関とり?えっ 関とり…。
琴美かなぁ?
どうぞ。あっ いや 私は…。
(山田) どうぞ どうぞここにいたら邪魔だから。
チャンコさん!(和田) おぉ!
いつ退院したんですか?さっき!
田村さん こんばんは。あっ こんばんは。
いつまでも 突っ立ってないで座って 座って!
はい はい はい…。
はい 一子ちゃん。は~い。
春場所 残念でしたねぇ和田の山さん。
ごっつぁんです!
(琴美) すっきりした 出た出た!琴美も いたんだ。
うん 洋服 返しに来たここに掛けといたから。
分かった。
あっ 鑑識の田村さんですよね?(田村) はい。
「声が素敵」って 交通課で話題になってるんですよ。
それは どうも。
もんじゃ一緒に食べましょう!(田村) 私 もう行きます。
(小松原) お邪魔しま~す。あぁ!
おっ どうも 田村さん来てたんですか。
じゃあ 奥へ どうぞせっかくですからね。
(小松原) チャンコ いたのか。コマさん!
(小松原) あれ? え~と 君は…。琴美です 交通課の青木琴美です!
そうだったね…。コマさん どうしたんですか?
(小松原)ちょっと アリサの顔 見にな。
そうですか。すいませんね。
コマさん俺 明日から 復帰します!
いや もっとゆっくりしてていいよ。
あっ トイレ。
いや~ お前が いなくても全然 困らないからさ。
(琴美) コマさんの毒舌 素敵!(小松原) あっ そう?
あの 私 失礼します。
食べて行かないんですか?(山田) お連れさんの到着だよ~!
田村さ~ん! どうぞ どうぞ。いやいや…。
チャンコ! コマ!(重村) あぁ チャンコ。
琴美です 交通課の青木琴美です。
ボス シゲさん…。
(門馬) おぉ ワンコ。(小松原) ちょっとトイレ…。
シゲ ここの もんじゃ初めてだろう?ええ。
ぜひ 食べてってください。
はい… やっぱ 私 これで…。
(山田) 千客万来だね~!あっ 田村さん!
どうぞ どうぞ中 入ってください。
あっ チャンコさん!ボス! シゲさん!
チャンコさん ボスシゲさん アンド 田村さん。
(門馬) キリ デューク どうした?
お腹すいちゃったんで来ちゃいましたね。
(小松原) おぉ キリ デュークそこ 俺が座ってたんだちょっと どいてくれないか。分かりました。
(アリサ) うわ~動物園みたいだね! 何か。
おっ アリサ!おっちゃん元気そうじゃん!
それは 俺のセリフだろ。
相変わらずだね何も作ってないじゃん!
はい。(アリサ) あぁ ありがとう。
私 帰ります~ ホントに帰ります。
田村さん! どうしたんですか?いや…。
おぉ ヤナ!
シゲさん ボス コマ… あぁ!!
My sweet honey!?こんばんは。
13係 全員集合だな。
一子 狭いから帰るね? 私。
いいよ 1人増えても 減っても変わらないもん。
(琴美) 洋服 ありがとう。分かった。
(琴美) 失礼しま~す。(田村) 私も 失礼しま~す。
あの2人 怪しい…。
え? 別に怪しくねえだろう。
全然 怪しくは ないっすね。
ああ 怪しくないよな~!怪しくない。
うん 怪しくないだろう。
怪しいですよ。なぁ~!
それは ないだろ ワンコ。でも 田村さんのことです。
怪しいっていうかよく分かんないっていうか…。
あっ 皆さん もんじゃ食べる時は手を洗いましょう。
こっちです 水道 こっちですよ。何だ? もう…。
(小松原) 相変わらず ワンコと田村さんは 挙動不審だなぁ。
彼は 人間が苦手なんだ。
え?
(門馬) シゲは 知ってると思うが田村さん 昔 刑事だったんだ。
ホントすか? 見えないっすね。(デューク) 全然 キリも見えない…。
デークだろ。「デーク」いうなっつうの。
ボスは 同じ所轄に勤務してたことがあるんですよね?
ああ。
刑事から警察犬係になれるんですか?
まぁ 同じ警察官ですからね。
田村さんは 刑事の時に人間不信に陥ってな。
でも警察の仕事は続けたい。
だから ひととの接触が少ない鑑識に異動を希望した。
(門馬の声) 犬は 裏切らない。
だから警察犬係になったそうだ。
田村さん どうして人間不信になったんですか?
組んでた相棒に裏切られて死にかけたことがあったんだ。
□分かんねえよ ハッハ…!□
(田村)□警察だ□(谷村)□動くな!□
(田村)□動くな!□
(谷村)□銃から離れて伏せるんだ□
(谷村)□よ~し□
□うわっ!□
(谷村)□相変わらず人がいいんだよ こいつはよ□
(一子の声) それで 相棒は捕まったんですか?
(門馬の声)田村さんが 執念で手錠をかけた。
すいません 私の快気祝いのために集まっていただいて。
え?あっ チャンコ 入院してたんだ。
大腸ポリープの手術なんて抜糸より簡単なんでしょう?
そんなことないと思いますけどね。
私のためじゃなかったんですか?
全然。ひどい。
俺の胸で泣いちゃえば?あぁ…。
実はな ワンコ。はい。
今日 俺達はワンコに謝りに来たんだ。
「謝る」?うん。
俺達は 今までお前の鼻に頼り過ぎていた。
しかし いつの間にかお前の鼻を当てにして動いていた。
それで いいじゃないですか。
でも 結果 今回のようなことになってしまった。
これからはお前の鼻は ないものとして以前のように地道な捜査を続けて行こうとみんなで話し合ったんだ。
私の鼻は封印ですか…。
そういうことだ。
『デカワンコ』は 今日が最終回だ。
えぇ~!
俺 先週 最終回かと思いましたよ。俺もです あの感じ…。
でもな。はい!
つい 頼りそうになるからマスクしといてくんないか?
(門馬)さらに 分かりやすいようにバッテンつけといてくれるといいな。
ナイス アイデア! ハハ…!
私は お払い箱ですか。
でも 謹慎が解けたらまた 今まで通り13係で働いてください。でも 私から 鼻を取ったら何の取りえもないです!
そんなことないですよ ワンコが入れる お茶は おいしいです。
ボス 人事異動をお願いします。あぁ?
鑑識課に行きたいです。警察犬係 希望か?
警察犬希望です。
何いってんだ お前。本気です!
(アリサ) 一子ちゃん本気で本気だから怖いよ もう。
ねぇ~!それ どうやって食べますか?
(アリサ) あっ これ使って食べるの!あぁ~…。
よし 食べよう。
英気を養って また明日からの捜査気合入れてくれよ。
はい~。あの 私の本気は?
(小松原) おう ワンコも食え!(柳) 煮えてんの? これ。
私の本気は…。
あっ シゲさん?容疑者 浮かびました。
何ですって?
吉永 豊 42歳。
同じ商店街で魚屋を営んでる男です。
ガイシャとは 金銭トラブルを抱えていたようです。
写真と詳細は所轄に用意させます。
犯行時刻のアリバイは?
居酒屋 『ます家』に いたそうです。
□(重村)『ます家』? 樋口がいた?そうです。
樋口と一緒に いたんですか?
2階の座敷に いたみたいですが別々のグループで部屋も仕切られていたので顔は合わしてないそうです。
□ 樋口はずっと座敷にいましたが吉永は 15分ほど店を抜け出しています。
15分… 現場まで往復して殺害することは可能ですね。
はい それに酒好きですが一滴も飲んでません。
物証は?
まだ つかめてません。
分かりました ご苦労さま。はい。
においます。
ワンコ。
鼻 封印しますから捜査に参加させてください!
ダメです。
ガク…。
ワンコ「帰れ」とは いってませんよ?
私の思考整理に付き合ってください。
はい。
事件のあった夜吉永と樋口は 同じ居酒屋にいた。
(重村の声)吉永は 飲み会を中座し自分の靴ではなく 樋口のサンダルを履いて 居酒屋を出た。
(東海林)□うわぁ~!!□
(重村の声) そして 東海林を殺害。
吉永は どこかに凶器を捨てあるいは 隠して居酒屋に戻った。
(吉永)□お待たせ~□
(重村の声) 樋口は 自分のサンダルが犯行に使われたとは気づきもせずにそれを履いて帰った。
なるほど~。
さすがシゲさん!(重村) あっ。
あぁ~! あっ あっ どうしよう!どうしよう…!
私の推理が正しければ吉永が樋口のサンダルを履いていた時間は 15分。
その間に移った吉永のにおいにワンコは 気がつかなかった。
ということは ミハイルは吉永のにおいを追ってた。
かもしれません。
あの時 ミハイルについて行ったのは ヤナさん…。
いってきます!
ワンコ。
これ…。
いってきます!
♪~
サングラス外せ。えぇ!? これ別のやつなのに?
あっ コマさんも別のやつ…。シ~! それをいうな。
コマさん! ヤナさん!あっ ワンコ!
あの時 ミハイルがどこに行ったか教えてください。
うるせぇ 分かったよ。えっ?
吉永だから。えっ… 吉永?
(吉永)はい まいど~ ありがとう。
じゃあ 行こうか。はい。
(においを嗅ぐ音)
なっ 何か?(においを嗅ぐ音)
フフ… おかしなコ。
(柳) ミハイルは ずっとこの辺 嗅いでてそれで動かなくなったんですよ。
(においを嗅ぐ音)
どうだ? 吉永のにおいするか?
におい こういう所じゃ一日 経ったら 消えるな。
まぁ におったとしても証拠にならないっすよ。
何だよ!どうした?
失礼します。
おい どこ行くんだよ!おい ほっとけ。
俺達は地道に目撃者 捜すか。へ~い。
ミハイル?
ミハイル 教えて。
駐車場で足跡と同じにおいがしたんだよね?
そうなの? ミハイル。
(吠え声)
違うの?
(吠え声)
どっち?
(鳴き声)
分かんないよ ミハイル…。
(鳴き声)
(釣り鐘の音)
パトラッシュとは心が通じ合ってるんだけど…。
(吠え声)
パトラッシュは私の相棒だもんね!
(吠え声)
あ~あ ミハイルが話せたらなぁ。
♪~
□はぁ~□
□うわっ!□
□あの… 私 警視庁捜査一課13係の花森です□
□警視庁捜査一課14係の美歯居留です□
□ミハイル!?□
□ワンコ□□はい□
□行きましょう□
□ここは…□
□私は 犯人のにおいを追いかけてここまで来ました□
□やっぱり そうなんですね!間違いじゃないんですね?□
□私を誰だと思ってるんですか?□
□あなたが嗅いだ 樋口のにおいは警察犬なら誰でも分かります□
(においを嗅ぐ音)
□でも 私は 樋口以外のにおいを感じたんです□
(においを嗅ぐ音)□はい□
□犯人は 多分車で逃走したのでしょう□
□ここから先 私は においを追うことは できませんでした□
□吉永の においですね?□
□残念ながら私は その男の においを嗅いだことが ありません□
□嗅げば 犯人かどうか分かりますか?□
□フッ… 私は ミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアーの息子□
□ミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアー・ゾーンです!□
□はい□
□ワンコ私の相棒にしてあげましょう□
□ミハイルの相棒は田村さんでしょ?□
□彼は もう 違います□□はっ!□
□私の鼻を信じてくれなかっただから もう いいんです□
□ワンコ 私と組みましょう□
□違うんです! 田村さんは…!□
□あっ?□
(ミハイル)□ワンコ!□
□さぁ こっちだよ!□
□待って~!□
□アッハハハ…!□
♪~
田村さん!
困りますよ 訓練中に。
ミハイルを引退させないでください。
警察犬は 無線やルーペと同じ扱いなんです。
どういう意味ですか?
鑑識機材なんです。
だから 壊れたら補充しなければなりません。
失礼します。
田村さんそんなこと思ってないですよね?
田村さんおっしゃったじゃないですか。
「ミハイルは 相棒だ」って。
どんな時でも 田村さんを信じてついて来てくれる「裏切らない」って。
ミハイルが引きこもったのは田村さんが ミハイルを信じなかったからじゃないですか?
駐車場でミハイルが動かなくなったこと捜査会議で 何かあるはずだって主張してくれてれば…。
田村さん。
田村さん…。
ミハイル。
ごめんな。
(鳴き声)
信頼してなかったと思われても仕方ないよな。
でも そうじゃないんだ。
疲れてると思った。
ミハイルには おとうさんのミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアーより長生きしてほしいと思ってるんだ。
だから 引退を…。
引退したら 2人で のんびり旅行でもしたいと思ってる。
田村さんも引退するつもりだったんですか?
ミハイル。
よしよし。
□(着信音)
はい。
え? 分かりました。
先日の殺人事件の凶器が発見されたそうです。
凶器が吉永のものかどうか確認してください。
はい。
行くぞミハイル・フォン・アルト・オッペンバウアー・ゾーン。
(吠え声)
コマさん!
ワンコ 謹慎中だろウロウロすんな。
そんなことより凶器は?出た 何様?
これだよこの土ん中に埋まってた。
これをミハイルに嗅がせてください。
ダメだ今回は ちょっと慎重に行こう。
だって これを嗅がせれば…。ワンコ 待て。
吉永のにおいがついたものを入手しました。
2つのにおいが一致すれば吉永が犯人ですね。
田村さん。
臭気選別は 遺留品を直接 嗅がせるのではなくさらしなどに においを移して…。ミハイル 嗅げ。
(田村) コマさん お願いしますよ。
(吠え声)
一度 嗅いだことのあるにおいのようです。
コインパーキングで嗅いだんでしょ?
(吠え声)
(和田) お願いします。
ミハイル 嗅げ。
(においを嗅ぐ音)
(デューク) ワンコは嗅ぎませんか?
我慢します。
(吠え声)
同じだそうです。
間違いありませんか?
私は ミハイルを信じます。
行きましょう。
(吠え声)
♪~
(吉永) ありがとうございました。どうも~。
おい!
吉永~!
いないっす!(和田) あっ!
あっ こっちです!(小松原) 裏! 裏だ!
(小松原) 吉永!
待て 吉永~!
足速えぇ~!
(柳) どんだけ逃げんだよ若手 任せた!
(小松原) ヤナ! 止まんな 走れ!待って! 魚屋さん 待て~!
止まれ~!(柳) あ~ もう クソ~!
あっ! 田村さん 大丈夫ですか?
♪~
(柳) 速えぇ~!
おぉ~!(小松原) 行け行け~!
(柳) 行け~!
待て 吉永!来るな! 来るんじゃ ない!
うわ!
デューク 回り込め!来んじゃ ない!
あぁ… 危ない!
ナイフを捨てろ!(デューク) 頼んだ!
元に戻っちゃったじゃねえかよ!何もしないから 痛いのは…。
はいはい… 何もしない捨てよう。
え?え?
ミハイル 行け!(デューク) 行け行け!
田村さん 田村さん!
(小松原) 何やってんだよ お前!
ミハイル! やめ! やめ!
よし 確保~!
(ミハイルの吠え声)
♪~
♪~(吠え声)
♪~
(重村) 東京タワー公園殺人事件の容疑者として吉永 豊 逮捕しました。
におい以外の物証もあるんだろうな?
もちろんです。
駐車場の監視カメラに吉永が写っていました。
分かった。
取り調べ よろしく頼む。
よっしゃ。
乗って。
お願いします。
これってよ結局 鼻に頼ってんじゃねえか?
まぁ ワンコじゃなくてミハイルだからいいんじゃないすか。
警察犬ですからね。
ミハイル お疲れさま。
いろいろありがとうございました。
(田村) ミハイル。
♪~
(ミハイル)□しばらく 現役バリバリで行くぜ 田村さん□
(田村)□まだまだ走れるな□(ミハイル)□ああ!□
何で お前 よけたほう来るんだよ。コマさん ヤナさん チャンコさん。
見て見て見て! あれ!
あれ?「あれ」って何だよ お前 変なの。
何なの?
ミハイルじゃねえかよ。
はあ…。
(においを嗅ぐ音)
相棒の においがします。
スポンサーサイト






  おすすめ






  お買い物なら・・・


850以上の人気ブランドを取り扱うオンラインショッピングタウン
ZOZOTOWNの商品検索はこちらから!!


copyright © 2021 飯綱遣いの部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.