fc2ブログ
飯綱遣いの部屋
飯綱遣い(いづなつかい)の部屋へようこそ!:ここはドラマ中心に気になったものを書き記す私の資料置き場のブログです。ドラマデータは、コネタ、俳優の役名・役柄・プロフィール・所属事務所等です。あなたのお役に立ちますように。視聴率は気にしないつもり。

家族みんなで楽しめるゲームが60種類!
「フジテレビ★プラネッツ」に無料で会員登録できます。



NHK連続テレビ小説(朝ドラ
おひさま 第4週 (第19回)
「「母の秘密」 (2011年4月25日)

おひさま・閲覧者カウンター


↓↓「おひさま」キャラクターグッズはこちらから


おひさま」の出演者の所属事務所へのリンクや、役柄、番組スタッフなど
できるだけ毎日更新していきたいと思います。

←公式サイト

→「おひさま」の情報はランキングよりどうぞ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★ちょこし感想

月曜日なので、現代シーン・房子と陽子の会話があります。
おばあ様が来て、そのあとどうなるのか、陽子の話を聞く前に
房子が「当ててみますね」って考える。
でも陽子は「話を戻しましょうか?だってどうせ当たらないし」と、話を進めます。(笑)

「私 おばあ様で一番印象に残ってるのはねぇ 靴なのね。」

ということで、おばあ様から聞く紘子の話が今週始まるわけで…。

陽子を見たおばあ様・富士子は、
「あまり似てないのね。」って一言。
陽子はむっとしますわ。
だって、紘子から陽子は自分に似て美人だと言われてたんだから。

お茶を入れに席を外した陽子は玄関に行く。
「何でかしらね。私はどうしてもその靴をちゃんとじっくり見たくてね。
 映画の中に出てくるような靴だったからかしらね。
 つまらない気持ちを人は何だかちゃんと覚えているものね。
 今度は急にそんな自分達の靴を隠したりした自分が卑しく思えてね。
 それに何だか悔しくて」
並んでた自分たちの靴を下駄箱にしまったり、今度は出して磨いて並べたり。

富士子は
陽子には「あまり 似てないのね。」
帰ってきた茂樹には「似てないわね こちらも。」
あげくに「紘子の子がね…何だか田舎者なのね。嫌んなってしまうわ。」
春樹が松本高校で寮生活と聞けば、
「そうですか? あの子がね。」
ってことは、初孫・春樹だけは、以前に会ってる(見てる)んだ。

「こちらへは?」
「主人が外遊中なので。 それで。」
外遊ってことは、おじい様は政治家か官僚ってことか?

「許さないものですから私が ここへ来るのを。
 葬儀の時も許してもらえませんでしたわ。
 (夫は)年寄りにはなりましたけどね哀れなものですよ。
 一人娘に逃げ出された親なんて。
 来るんじゃなかったのかしらね。
 桐野家の墓は池上にあります。
 山の中のお墓へなんて行きたくありません。」
おばあ様はどこまでもかたくなです。
でも、こんなことを言いながらもここに来たってことはね~。
素直じゃないって証拠なのです。

「もう 東京にお帰りですか?」
「いえ 穂高のホウショウデンという旅館に。 明日帰ります。」
素直じゃないけど、いつでもいらっしゃいっていう余地を残したおばあ様。

帰るときに、「乗りますか?車に」って茂樹を誘いました。
ああ、玄関での帰ってきた茂樹が、「すごい車 止まってるぞ!」
ってはしゃいでた声が聞こえてたんですな。
でも 「いえ 結構です」 そういうしかないわな~

「後で考えてみれば おばあ様も素直になんてなれなかったのよね。
 でもその時の私はお父さんにあんな言い方をする人
 何だか嫌だなっと思ったわ」

夜、良一に「お母さんの事 娘時代の事なんかをもし知りたいと思うなら
 おばあ様を訪ねればいい。明日まではいるんだから」と言われても
「僕はいいです 自分の知ってるお母さんだけでいいです」と茂樹
「私もです」と陽子

「ちょっと嘘だったのかもしれない。
 私は本当は知りたい気持ちでいっぱいだったわ。
 お母さんは私と同じ頃どんな娘だったのか?知りたかったわ。
 でもそうは言えなかった」
良一に遠慮する子供たち…。

で、翌日の女学校帰りに話を聞いた育子が
「へえ~。そんなに素敵な靴だった? へえ~」って本当に見たかったみたい!
で、後ろから黒塗りの車が来て…。 おばあ様が車から降りてきた。
「なぜ 訪ねてこないのかしら?」

もう、ほんとに素直じゃないんだから~~

で、育子はちゃんと富士子の足元に視線がいってるかな?



小ネタ:

*祖母・桐野富士子の靴
 シャブリの気になったもの-おばあ様の靴
 くたびれた良一と陽子の靴、帰ってきた茂樹の泥のついた靴も取っておきます。

*富士子のお茶の作法
 シャブリの気になったもの-おばあ様のお茶
 お茶碗のふたは、裏向きにして下のお皿にひっかけるように置くと
 どこかの番組でやってて、西川史子女医も間違えてたような…。

*車はハドソン社のカスタムエイト
 シャブリの気になったもの-ハドソン社のカスタムエイト
 前面と後面はこんな感じ。最初はジャガーだと思ったが…。
 1937 Hudson Custom Eight(独/Wikipedia)

*桐野家の墓は池上
 池上といえば本門寺。ここにお墓があるのだろうか。

*穂高のホウショウデン
 富士子が泊まる旅館。ホウショウデンは鵬翔殿って書くのか?
 そういえば、鳳翔っていう帝国海軍の航空母艦もあったな。

*茂樹の別の顔
 テレ朝系列で昨日深夜から始まったドラマ「アスコーマーチ」に茂樹役の
 永山絢斗くんがイヤミ~な優等生って役柄で出てる。
 朝ドラと掛持ちって大変じゃないかと思ったけど、
 茂樹はこの先予科練に行ってしまうので、ほかのドラマにも出れるのかと気づいた。
 髪型はほぼ同じ。(笑)
 アスコーマーチ公式サイト

「あさイチ」冒頭のコメント:
「(イノ) 素直になれなかったってことなんですかね?」
「(柳沢) おばあちゃんが?」
「(イ) 訪ねて来いと」
「(柳) でも、もう少しはっきり素直にさ…。」
(イノッチの笑い声) 
「(有働) 『てっぱん』の時も一緒だったじゃないですか」
「(柳沢) ほんとに嫌なおばあちゃんだなって…。」
「(イノ) 結局自分から来ちゃいましたからね。会いたかったんじゃないですか?」
「(有働) また『てっぱん』系でいいおばあちゃんになっていくんじゃないですか?」
「(イノ) そのパターン好きですけどね僕は。楽しみですけどね」
「(有働) 柳沢さんも素直じゃないって、ご自身も素直じゃないですものね」
「(柳沢) これ以上言いません」
(笑い声)

今日のゲストは藤本美貴さんと、宮崎美子さん。
ミキティーの「朝ドラ・あさイチ見てない疑惑」は、
最近早起きしてしっかり見てるということで払拭。
ミキティーはおばあちゃんが会いたくて
待ちきれずに会いに行っちゃったんですよ。
富士子がかわいそうだ、と熱弁。




陽子は当時のイラストレーター・中原淳一ファンという設定みたいです。
 ( 中原淳一ホームページの記事より。)


この「おひさま」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
今週のあらすじなどは、
←公式サイト
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★恒例の配役 (クレジット順)

作:岡田惠和

音楽:渡辺俊幸

撮影協力:
 長野県 安曇野市
        塩尻市奈良井宿
 茨城県立土浦第一高等学校

時代考証:天野隆子
信州ことば指導:麻ミナ
飴作り指導:吉田菊次郎

所作指導:若柳彦三衛門
題字:永石勝
タイトルバック:関和亮

 -----------------------------------------


須藤陽子:井上真央

須藤茂樹:永山絢斗  (陽子の次兄)

筒井育子:満島ひかり  (陽子の女学校の親友)

相馬真知子:マイコ  (陽子の女学校の親友)

運転手:中原丈雄 (桐野富士子の運転手)
須藤紘子(写真):原田知世 (陽子の母)

アルファセレクション
ウォーターブルー
SRプロダクション
劇団SET
スリーケット
宝井プロジェクト

須藤良一:寺脇康文 (陽子の父)

原口房子:斉藤由貴  (現代・陽子の話を聞く主婦)

桐野富士子:渡辺美佐子 (陽子の祖母・紘子の母)

須藤陽子(語り):若尾文子  (現代の陽子)

 -----------------------------------------

制作統括:小松昌代

プロデューサー:大橋守
技術:菱木幸司
編集:室麻子
美術:山田崇臣
音響効果:柳川起彦

撮影:杉山吉克
音声:井上裕一
記録:武田朝子
照明:橋貴生
映像技術:長橋将万
美術進行:塩野邦男

演出:岡田健

 -----------------------------------------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この「おひさま」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★関連図書など

【ドラマ・ガイド】
【小説本/上】
【小説本/下】
***
【テーマ曲】
***
【テーマ曲楽譜】
***
【サントラ】
***
【DVD-BOX1】
***
【DVD-BOX2】
***
【DVD-BOX3】
***
【押し花】




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「(陽子) お母さんがいればいいのにって思った事ある?シゲ兄ちゃん」
「(茂樹) 俺はさ うちが母親がいなくて不自由だとか思った事一度もないよ。
 だから胸張れよ陽子」
「(陽子) ちょっと待ってよ!」
須藤家 玄関
「(陽子) ただいま~!」
玄関の敲きに高級そうな女物の靴がある
「(良一) お前の おばあ様だ」

<そして私は知らなかった母の姿を知る事になったの>

♪~(オープニング・テーマ音楽)

安曇野 陽子の店
房子が陽子の顔をじっと見ている
「(陽子) 房子ちゃん?」
「(房子) はい!何でしょう?」
「(陽子) 何か怖いわ」
「(房子) 怖い?何がですか?」
「(陽子) 顔」
「(房子) 顔?私の?あ… ごめんなさい
 何か話に夢中になってしまったからかしら。
 あ~でも何か気になるな~!おばあ様が来てその後どうなるのか?」
「(陽子) そう?じゃ」
「(房子) いえいえいえ。ちょっと待って下さい!私 当ててみますね。
 う~ん。フフフ!何か楽しい。楽しいわ!フフフ!」
「(陽子) まあ~ 面白い人ね」
「(房子) 面白いですか?」
「(陽子) 面白いわ」
「(房子) 言われた事ないですよそんな事。
 主人なんか つまんねえ女だとかしか言わないし。
 子供達なんか うざいとか黙れとか消えろとかそういう事しか言わないし」
「(陽子) バカね。あ~ごめんなさい。ご家族の事バカだなんて」
「(房子) いえ そんな」
「(陽子) でもね 房子ちゃんの面白いところ
 楽しいところが分からないなんてバカよ」
「(房子) ホントに?はあ~」
「(陽子) そいじゃ話を戻しましょうか?」
「(房子) いいえ ちょっとちょっと!予想するんだった この先の展開を」
「(陽子) それはいいんじゃないの? だってどうせ当たらないし」
「(房子) ま そうですね…。 どうせ?」
「(陽子) あのね 私 おばあ様で一番印象に残ってるのはね 靴なのね」

昭和13年 須藤家
陽子の顔を見る祖母 桐野富士子
「(良一) 長女の陽子です」
頭を下げる陽子
「(陽子) 陽子です」
「(富士子) あまり似てないのね」
むっとして下を向く陽子
「(良一) 陽子 お茶を」
「(陽子) はい」
一礼し 部屋を出る陽子
玄関へ行き 富士子の靴を見る陽子

<何でかしらね 私はどうしてもその靴をちゃんとじっくり見たくてね。
 映画の中に出てくるような靴だったからかしらね>

富士子の靴の横には良一と陽子のくたびれた靴がある
良一と自分の靴を下駄箱にしまう陽子
立ち去ろうとして足を止める

<つまらない気持ちを人は何だかちゃんと覚えているものね。
 今度は急にそんな自分達の靴を隠したりした自分が卑しく思えてね。
 それに何だか悔しくて>

下駄箱から靴を出し布で磨く陽子
良一の靴と自分の靴を敲きに並べる陽子
「(茂樹) ただいま!おう陽子!あそこにすごい車止まってるぞ。
 あれは確か ハドソン社の カスタムエイトという車だ」
「(陽子) し~っ!」
「(茂樹) すごいぞ 乗ってみたいなあ」
「(陽子) し~っ!」
「(茂樹) 見たか?陽子は!
 この辺りに あんな車が訪ねて来るような家あるか?」
「(陽子) うちです」
「(茂樹) は?」
「(陽子) お客様です。お母さんの お母様」
「(茂樹) えっ? 来てるのか?え?あの車?」
「(陽子) 靴 ちゃんと泥払って揃えてね」
立ち去る陽子
「(茂樹) は?」
自分の靴に目をやる茂樹

居間
富士子にお茶を出し 下がる陽子
「(良一) 次男の茂樹です」
「(茂樹) 茂樹です」
「(富士子) 似てないわね こちらも」
お茶を飲む富士子
「(富士子) 紘子の子がね… 何だか田舎者なのね。嫌んなってしまうわ」
「(良一) 申し訳ありません。
 長男の春樹は 今は松本の高校で寮生活をしております」
「(富士子) そうですか?あの子がね」
「(良一) こちらへは?」
「(富士子) 主人が外遊中なので。それで」
「(良一) そうですか」
「(富士子) 許さないものですから 私がここへ来るのを」
「(良一) ええ」
「(富士子) 葬儀の時も許してもらえませんでしたわ」
「(良一) はい。 お父様は お変わりなく?」
「(富士子) 年寄りにはなりましたけどね 哀れなものですよ。
 一人娘に逃げ出された親なんて。
 来るんじゃなかったのかしらねぇ」
茂樹を見る富士子
陽子を見る富士子
「(富士子) 女学校?」
「(陽子) はい」
目をそらし 立ち上がる富士子
「(富士子) 帰ります」
「(良一) あの 墓の方に。すぐ近くなので」
「(富士子) 桐野家の墓は 池上にあります。
 山の中のお墓へなんて行きたくありません」
出ていく富士子
後に続く良一

玄関で靴を履く富士子
見送る良一と茂樹
富士子の靴に目を凝らす陽子
「(良一) もう 東京にお帰りですか?」
「(富士子) いえ 穂高の ホウショウデンという旅館に。明日帰ります」
「(良一) そうですか。どうか お気をつけて」
茂樹を見る富士子
「(富士子) 乗りますか?車に」
「(茂樹) いえ 結構です」
出ていく富士子

<後で考えてみれば おばあ様も素直になんてなれなかったのよね。
 でもその時の私はお父さんにあんな言い方をする人
 何だか嫌だなっと思ったわ>


居間で3人が食事をしている
(犬の遠ぼえ)
「(良一) 聞きたい事があったら聞けばいい」
「(茂樹) お母さんは…。幸せだったんですよね?」
「(良一) 『安曇野に来てよかった』。最期にそう言った お母さんは。
 それがお父さんの誇りだ。それだけでいい。
 だがお前達がお母さんの事 娘時代の事なんかをもし知りたいと思うなら
 おばあ様を訪ねればいい。明日まではいるんだから」
「(茂樹) 僕はいいです」
「(陽子) 私も」
「(良一) 私に遠慮する事なんかないんだぞ」
「(茂樹) 自分の知ってるお母さんだけでいいです」
「(陽子) 私もです」

<ちょっと嘘だったのかもしれない。
 私は本当は知りたい気持ちでいっぱいだったわ。
 お母さんは私と同じ頃どんな娘だったのか?知りたかったわ。
 でもそうは言えなかった>

放課後
(終業の鐘の音)

通り
「(育子) へえ~。そんなに素敵な靴だった?」
「(陽子) ええ」
「(育子) へえ~」
「(真知子) 行かなくていいの?おばあ様のとこに」
「(陽子) いいの」
「(真知子) そう。でももう会えないかもしれなくてよ」
「(陽子) いいの」
「(育子) もったいねえ。私ならそのまま東京について行っちゃうね」
後ろから黒塗りの車が来る
(車の停車する音)
「(陽子) あ…」
車を降り 後部座席のドアを開ける運転手
車から降り 陽子に近づく富士子
「(富士子) なぜ 訪ねてこないのかしら?」
「(陽子) え?」
富士子を見つめる陽子
スポンサーサイト



テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック




  おすすめ






  お買い物なら・・・


850以上の人気ブランドを取り扱うオンラインショッピングタウン
ZOZOTOWNの商品検索はこちらから!!


copyright © 2024 飯綱遣いの部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.