fc2ブログ
飯綱遣いの部屋
飯綱遣い(いづなつかい)の部屋へようこそ!:ここはドラマ中心に気になったものを書き記す私の資料置き場のブログです。ドラマデータは、コネタ、俳優の役名・役柄・プロフィール・所属事務所等です。あなたのお役に立ちますように。視聴率は気にしないつもり。

家族みんなで楽しめるゲームが60種類!
「フジテレビ★プラネッツ」に無料で会員登録できます。



NHK連続テレビ小説(朝ドラ
おひさま 第4週 (第22回)
「「母の秘密」 (2011年4月28日)

おひさま・閲覧者カウンター


↓↓「おひさま」キャラクターグッズはこちらから


おひさま」の出演者の所属事務所へのリンクや、役柄、番組スタッフなど
できるだけ毎日更新していきたいと思います。

←公式サイト

→「おひさま」の情報はランキングよりどうぞ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★ちょこし感想

で、家に帰った陽子は、茂樹から
「陽子。いつか約束したよな?味方になるって。じゃあ今から頼む」
ってんで、陽子の手を引いて、父・良一のもとへ・・

予科練の受験の許しを得ようと陽子付き添いで父の前に来たが…。
そこに、明日は日曜なので予定もないし、みんなの顔が見たくなったからと、
春樹が松本から帰ってきた。

陽子の心情としては、
「その日私はおばあ様から母の話を聞いて頭の中にいろんな事が渦巻いていた。
 母が先生になりたかったという事。
 恋を貫くために家を出て行くような女性だった事。
 私はその娘なんだという事。
 おばあ様が一度茂樹兄さんを引き取ろうとした事。
 幼い春樹兄さんがそれを命懸けで止めた事。
 それにとにかくすぐには整理できないくらい混乱していた」

茂樹にとっては家族そろったところで、あらためて…。
と思ったら、茂樹と陽子はいつものように、些細なことから口げんか。
また始まったと見ている良一と春樹。
陽子は茂樹のドジ話をして
「そんな人が海軍に行こうなんて無理無理!」って口を滑らせた。

ホントは「お父さん、お話があります。実は、私…」ってやろうと思ったのに、
陽子に口火を切られちゃった。でも、
「かえって気持ちが楽になった。実はかなり緊張してたんだ」
と、あらためて…。
「そういう訳なんです。お父さん。
 海軍飛行予科練習生の試験を受けたいと思います。
 お許し頂けますか?
 これが願書です。
 お願いします!」

判断するうえで、良一が理由を聞くと…。
「小さい頃から僕は優秀な兄さんに比べて自分は駄目だ駄目だと思ってきました。
 でも亡くなる前、お母さんが言ってくれたんです。
  『茂樹、あなたはとっても気持ちの強い子なの。
   あなたが途中で何かを投げ出すの、お母さん見た事ない。
   だから胸を張りなさい。あなたはとってもいい男よ』
 おかげで 自分に希望を持つ事ができました。
 お母さんに感謝しています。そしていろいろ考えてきました。
 自分の人生の事をずっと考えてきました。
 自分に何ができるのか、どう生きれば医者になる春樹兄さんのように
 世の中の役に立つ事ができるのか。 そしてこう考えるようになりました。
 国を守るために軍人になる。
 それはこの家をお父さんや兄さんや陽子を僕が守るという意味です。
 それができるんなら、なんてすばらしい事なんだろうと」

普段はあんななのに、何だかすごいなと思って茂樹を見ていた陽子。このころは…。

「どうかお国のために頑張ってください」ってことでお許しが出た。
良一は願書を仏壇の紘子に見せて…。
「茂樹が海軍の航空隊に行きたいそうだ。あの茂樹がだよ紘子。
 君は生きてるよ紘子。この家で生きてる。茂樹を頼む。守ってやってくれ」と祈る。

さて、春樹が急に家に帰ってきた本当の理由とは…。
「陽子、これ。真知子さんに渡してくれないか?
 こういうの好きなんじゃないかなと思って。それだけだ。おやすみ!」
陽子に託したプレゼントは『ハイネ詩集』。

『私には 分かったの。春樹兄さんも真知子の事が好きなんだって』

やはり、松本城で真知子を見ていたまなざしといい、
春樹も真知子に惚れていたのね。
またややこしいことになりそう。

ところで、川原のほうは…。
「(春樹) 川原も一緒に来いって誘ったんだけどな。
 あいつ怪我しちゃって来られなくてさ。
 寮の仲間と野球やっててさ あいつ張り切りすぎちゃって足くじいちゃって」
でもピンピンしてらしい。
大したことなくて安心した陽子だったが、忘れようとしていた川原への思いが
名前を聞いただけでもう駄目だった。



小ネタ:

*茂樹のドジ話
 朝御飯食べながら寝てた。
 おみおつけに鼻入れて驚いてこぼして火傷した。

*予科練志願所
 シャブリの気になったもの-予科練志願書

*茂樹が真知子にしたプレゼントは『ハイネ詩集』。


「あさイチ」冒頭の朝ドラコメント:
(今朝はなし)
今日のゲストは假屋崎省吾さんと城之内早苗さんです。


陽子は当時のイラストレーター・中原淳一ファンという設定みたいです。
 ( 中原淳一ホームページの記事より。)


この「おひさま」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
今週のあらすじなどは、
←公式サイト
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★恒例の配役 (クレジット順)

作:岡田惠和

音楽:渡辺俊幸

語り:若尾文子

撮影協力:
 長野県 安曇野市

 -----------------------------------------

須藤陽子:井上真央

須藤茂樹:永山絢斗  (陽子の次兄)

須藤春樹:田中圭  (陽子の長兄)

(回想)
 桐野富士子:渡辺美佐子 (陽子の祖母・紘子の母)
 須藤紘子:原田知世 (陽子の母)
 須藤陽子(少女時代):八木優希 (幼少期回想)
 須藤春樹(少年時代):中川大志 (陽子の長兄・幼少期回想)
 須藤茂樹(少年時代):渡邉甚平 (陽子の次兄・幼少期回想)

須藤良一:寺脇康文 (陽子の父)

 -----------------------------------------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この「おひさま」の記事がお役に立ちましたら、
ランキングにポチを~~!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★関連図書など

【ドラマ・ガイド】
【小説本/上】
【小説本/下】
***
【テーマ曲】
***
【テーマ曲楽譜】
***
【サントラ】
***
【DVD-BOX1】
***
【DVD-BOX2】
***
【DVD-BOX3】
***
【押し花】




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「(茂樹) 人は どう思うか知らないけどさ
 お前は ものすごく頑張ってるよ。だから胸張れよ 陽子。」
「(茂樹) いつか 約束したよな。」
「(陽子) えっ?」
「味方になるって。」
「ええ。」
「今から頼む。」
「今から?」
「ほら 早く。」
「え? あ…。」

♪~(オープニング・テーマ音楽)

「(陽子) そんな急に。」
「(茂樹) いいから 早く!」
陽子を連れ、縁側へ行く茂樹
良一がカメラを磨いている
良一の前に座る二人
「(良一) どうした?」
「(茂樹) お話があります。」
「(良一) うん。」
庭から声
「>(春樹) ただいま!」
「(陽子) 春兄さん?」

玄関
「(陽子) お帰りなさい。」
「(春樹) ただいま!」
「(良一) お帰り。」
「(春樹) ただいま 帰りました。」
「(陽子) 急に どうしたの?」
「(春樹) 明日日曜で予定もないし みんなの顔が見たくなった。」
「(茂樹) ちょうどよかった。」
「(春樹) ん? 何が?」

居間
「(良一) そうか それはご苦労だったな。」
「(春樹) いえ お父さんはお変わりありませんか?」
「(良一) ああ 相変わらずだ。」

<正直言うと その日私は おばあ様から母の話を聞いて
 頭の中にいろんな事が渦巻いていた。
 母が先生になりたかったという事。
 恋を貫くために家を出て行くような女性だった事。
 私はその娘なんだという事。
 おばあ様が一度 茂樹兄さんを引き取ろうとした事。
 幼い春樹兄さんが それを命懸けで止めた事。
 それに とにかくすぐには整理できないくらい混乱していたのよね>

「(茂樹) おい陽子 まだかよ!来てくれよ早く。」
「(陽子) はい!」
「(茂樹) 早く! 早く座って。」
「(陽子) はい。」
台所からお茶を運んでくる陽子
「(良一) どうした? 陽子。熱でもあるのか?ボ~ッとした顔して。」
「(茂樹) 大丈夫。そんな事ないよ。いつもボ~ッとした顔してるよ陽子は。」
「(陽子) 何よそれ、失礼しちゃうわ!自分じゃない?それは。」
「(茂樹) 何でだよ。」
「(陽子) こないだだって 朝御飯食べながら寝てたじゃない。
 おみおつけに鼻入れて 驚いて こぼして やけどしたくせに!」
「(春樹) ホントか?」
「(良一) 本当だ ハハハ!
 確かにどちらかといえばボ~ッとしてるのは 茂樹の方かもしれないな?」
「(陽子) どちらかと言わなくてもそうですよ。 
 そんな人が 海軍に行こうなんて無理 無理!はあ~!」
驚いた顔で陽子を見ている一同
「(陽子) え? あっ!
 あ~ ごめんなさい!シゲ兄ちゃん。
 ごめんなさい! はあ~。」
(茂樹の笑い声)
「(茂樹) お前ねえ 何だよもう!
 せっかく 一度くらい格好よく
 『お父さん お話があります。実は 私』ってやろうと思ったのにさ。」
「(陽子) ごめんなさい。」
「(茂樹) いいよもう。かえって気持ちが楽になった。実はかなり緊張してたんだ。」
「(陽子) ごめんなさい。」
「(茂樹) そういう訳なんです。お父さん。
 海軍飛行予科練習生の試験を受けたいと思います。
 お許し頂けますか?
 これが 願書です。」
出された願書を見る良一
「(茂樹) お願いします!」
願書を見る良一
「(春樹) へえ~ シゲが飛行機乗りねえ。」
「(茂樹) ああ。」
「(春樹) そうか。子供の頃から好きだったもんな。」
「(茂樹) うん。」
「(良一) どうしてそう思ったのか 話してみなさい茂樹。」
「(茂樹) はい。
 小さい頃から 僕は 優秀な兄さんに比べて
 自分は 駄目だ駄目だと思ってきました。
 でも 亡くなる前 お母さんが言ってくれたんです。

(回想)
 「(紘子) 茂樹 あなたは とっても 気持ちの強い子なの。
  あなたが 途中で何かを投げ出すの お母さん見た事ない。
  だから 胸を張りなさい。 あなたは とってもいい男よ。」

「(良一) そうか。」
「(茂樹) はい。
 おかげで 自分に希望を持つ事ができました。
 お母さんに感謝しています。
 そして いろいろ考えてきました。
 自分の人生の事を ずっと考えてきました。
 自分に 何ができるのか。
 どう生きれば 医者になる春樹兄さんのように
 世の中の役に立つ事ができるのか…。」
「(良一) うん。」
「(茂樹) そして こう考えるようになりました。
 国を守るために 軍人になる。
 それは この家を お父さんや 兄さんや 陽子を
 僕が守るという意味です。
 それができるんなら なんてすばらしい事なんだろうと。」
「(良一) そうか。」
「(茂樹) はい。」

<私は 何だかすごいなと思って 茂樹兄さんを見ていたわ。
 でもね あのころの青年達 茂樹兄さんや春樹兄さんの事を思うと
 今も何だか胸が痛くなるの。
 そんなに真っ直ぐに生きなくてもいいのよって そう言ってあげたくなるの>

「(良一) 分かった。」
茂樹に向き直る良一
「(良一) どうか お国のために頑張ってください。」
「(茂樹) はい!ありがとうございます!」
頭を下げる茂樹
「(春樹) やったな シゲ!」
「(茂樹) うん!」
握手をする二人
「(茂樹) 陽子!」
茂樹と握手をする陽子
「(陽子) お祝いしましょうか。」
「(茂樹) うん!」
「(良一) ただ 茂樹。」
「(茂樹) はい。」
「(良一) これは 試験 かなり難しいんじゃないのか?」
「(陽子) あ そうだった。」
手を放す陽子
「(茂樹) え? おい。」
「(陽子) お祝いは 受かってからにしましょうか?」
「(春樹) まあ そうだな。」
「(茂樹) ちょっと?!」
「(良一) 大丈夫なのか?」
「(茂樹) はい 死ぬ気で頑張ります。」
「(良一) うん…。」
茂樹の顔に笑みがこぼれる。
茂樹を見て微笑む陽子


仏壇の前に座り 良一が願書を見ている
仏壇の紘子の写真に願書を見せる良一
「茂樹が…。海軍の航空隊に行きたいそうだ。
 あの茂樹がだよ 紘子。
 君は生きてるよ 紘子。 この家で… 生きてる。
 茂樹を… 頼む。守ってやってくれ。」

部屋で紘子の写真を見ている陽子
「(陽子) お母さんも先生になりたかったんだね。」
「(春樹) 陽子 起きてるか?」
「はい。 どうぞ。」
茂樹が部屋に来る
「シゲ兄ちゃんは?」
「緊張が解けたのかな ぐっすりだ。」
「いつもだけどね。」
「しかし驚いたなあ シゲがなあ。大人になったんだな。
 元気にやってるか? 陽子は。」
「はい。」
「そうか。川原もさ。」
「え?」
「川原も一緒に来いって誘ったんだけどな。
 あいつ 怪我しちゃって来られなくてさ。」
「え? けがって?」
「寮の仲間と野球やっててさ あいつ 張り切りすぎちゃって足くじいちゃって。」
「そう。 大丈夫なの?」
「ピンピンしてるよ。」
「そう。 じゃ よかった。」

<忘れようとしていた川原さんへの思いが
 名前を聞いただけでもう駄目だったわ>

「(春樹) お友達は 元気か?」
「(陽子) ああ 真知子さんと育子?」
「ああ。」
「うん 元気。」
「そうか。」
「うん。」
「あの… 陽子 これ。」
ハイネの詩集をさしだす
「真知子さんに 渡してくれないか?」
「真知子さんに?」
「ああ。こういうの好きなんじゃないかなと思って。」
「へえ~ そう。分かった。」
「それだけだ おやすみ!」
(障子の開閉音)
「(陽子) おやすみ。」
詩集を見る陽子

<私には分かったの。春樹兄さんも 真知子の事が好きなんだって>
スポンサーサイト



テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック




  おすすめ






  お買い物なら・・・


850以上の人気ブランドを取り扱うオンラインショッピングタウン
ZOZOTOWNの商品検索はこちらから!!


copyright © 2024 飯綱遣いの部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.